映画「光をくれた人」ストーリーネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「光をくれた人」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 結論から言うと、有料の動画配信サービスの無料トライアル期間を使って視聴するのが一番おすすめ。期間内に解約すれば1円もかからないし、高画質で、安全に、今すぐ映画を楽しむことが可能です。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「光をくれた人」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × × ×
TSUTAYA TV 300ポイント
Hulu × × ×
dTV 200ポイント
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 見放題
music.jp 440ポイント
  「光をくれた人」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・music.jp ・Amazonプライムビデオ ・U-next ただ、dTVだけは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 1つ選ぶなら、オススメはU-NEXT。 月額1990円と少し値段が張るのが特徴ですが、無料トライアル期間が31日間あるので、「光をくれた人」をはじめ映画を楽しんだあと期間内に解約してしまえば費用は1円もかかりません。 また配信されている作品数も非常に多く、アニメ、映画、ドラマ、バラエティまで合計14万以上の動画を楽しめます。解約もカンタンなので、今すぐ試してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「光をくれた人(邦題)」「thelightbetweenoceans(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「光をくれた人」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「光をくれた人」のあらすじ

戦争の英雄として帰還したトム。 彼はその過酷な経験が原因で心に傷を負っていました。そんな彼は、孤島の灯台を守る仕事につきます。独りで静かに生きたいトムにはちょうどいい仕事だったのです。   誰とも関わって来なかったトムでしたが、町に住む美しい娘イザベルに出会い、恋に落ちます。 トムの辛い過去も包み込み癒してくれるイザベルの明るさと優しさに、閉ざしていた心を開いたトムは生涯の伴侶としてイザベルを選びました。   孤島で二人、静かに幸せに暮らしていましたが、そんな二人に試練が襲います。 イザベルは妊娠し、待望の我が子を心待ちにしていましたが流産。イザベルの心の傷が癒えた頃、再び妊娠しますが今度こその気持ちもまた裏切られてしまいました。 度重なる悲劇にイザベルの精神も憔悴していき、トムもそんなイザベルにしてあげられることを見付けられずにいました。 そんなある日、1隻のボートが二人が住む孤島に流れ着きました。乗っていたのは一人の男と女の子の赤ちゃんで男はすでに息を引き取っていました。 トムはすぐにこの事を報告しようとしますが、イザベルが懸命に止めます。生き残った女の子を自分の子供として育てたいと真剣な眼差しで訴えるのです。 トムは悩んだ末、傷心の妻の願いを聞き入れます。 幸い周りの皆はイザベルが妊娠していた事しか知らないので、男の遺体さえバレないように処分してしまえば誰にも分からない…周囲には出産が少しだけ早くなったと伝えれば良いだけです。 女の子はルーシーと名付けられ、二人は深い愛情深く育てます。そして二人に以前のような穏やかで幸せな日々が戻ってきました。ルーシーもすくすく育ち二歳になった頃、いつものように教会にやってきて祈りを捧げていたトムがある女性を見かけます。   墓の前で悲しげに祈る女性。ふとトムが墓石に刻まれた文字に目をやりました。 墓石には女性の夫らしき名前とその子供の名前グレース、「海に沈み神の元へ」と刻まれていたのです。   トムはイザベルとルーシーと本当に幸せに暮らしていましたが、心のどこかで自らのしたことを悔いている気持ちもあったのです。「目の前にいる女性がルーシーの本当の母親だ」なぜか彼はそんな確信を持ちました。   彼女の名前はハナ。 ドイツ人の夫と結婚しますが、戦後のドイツ人差別に苦しみます。そして追われるように娘グレースを連れて船を出し、遭難の末に彼は命を落としてしまったのです。 本当の母親が分かってしまった以上無視ができない一方、それによって娘を奪われることを恐れるトム。結局、彼はハナに匿名で1通の手紙を送ることにしました。 「あなたの娘は生きていて大切され、幸せに暮らしています。どうか安心して下さい。」 そしてトムは何も言わずにいつもの日常に戻っていきます。手紙を受けとったハナは警察に捜索の依頼を出すものの、差出人不明の手紙は大したヒントにもならず、その後もルーシーはトムのもとで順調に成長していきます。 ・・・ さらに二年の月日が経ちました。 灯台の記念式典のために街に出向くトム達。 式典に来ていたハナと偶然出会い、話をしていたイザベルは話の内容からハナが本当の母親だと気づきます。ですが、事実を明かせばルーシーを奪われると思い何も言えませんでした。 しかし、長年心にしまいこんでいた後悔を抑えることの出来なかったトムは、ルーシーが漂流してきた時に一緒に入っていた銀のガラガラをハナの家の郵便受けに返しに行ったのです。 これが証拠品となり再び捜索が再開されると、トムまでたどり着くのにそう時間はかかりませんでした。  

「光をくれた人」のネタバレ

駆けつけた警察にトムは言います。 この事は全て自分がやった事で、妻は何も知らないと。結局、ハナの夫を殺した疑いをかけられて、トムは逮捕。さらにルーシーも本当の母親であるハナの元に返される事になってしまいました。 もちろん、イザベルこそが本当の母親だと思っているルーシーは反抗しますが、結局ハナのもとへと送られるのを止めることはできませんでした。   「何故ルーシーを奪われるような事をしたの?」 怒りは勝手に行動したトムに向かいます。そして、もともとは自らの行動をかばって逮捕されたトムに対して警察から証言を求められた時も、何も証言せず彼を助けることもありませんでした。 一方、ルーシーはグレースとしてハナと生活を始めます。 …が、新しい生活に馴染むこともできずトムの働く灯台に帰りたがります。そしてとうとう、灯台を探しに家を出ていってしまいます。大捜索の末、浜辺で疲れて寝ている彼女を見つけかりました。 そのことがとてもショックだったハナ。自分が本当の母親なのにどうしてこうなるんだろう…ハナは悩み、自問自答を繰り返します。何がグレースにとって幸せなのか、その事をよく考えたハナはグレースをイザベルに返す事を決めました。   一方でイザベルはハナのようやく訪れた幸せを奪ってしまうことに葛藤。 そして今までトムへの怒りから、読むことのなかったトムからの手紙にふと目をやります。そこにはトムの心からの感謝と、イザベルを傷つけてしまった事への謝罪が綴られていました。 トムの変わらない愛を思い出したイザベルは、裁判所に送られるトムの元へ走るのでした。ギリギリで間に合い、搬送を止め、イザベルは警察に真実を証言しました。その証言が決め手となり、トムとイザベル共に投獄されることになるのです。   それによりグレースは再びハナの元に戻っていくのでした。 「正しく生きる事は許すことだ」 亡くなった夫の言葉を思い出したハナは過去のしたことは忘れ、トムとイザベルを許し救う事を考えたのです。そして二人の刑期を軽くするため証言をすることにしました。   ハナの元に戻ったグレースはすぐには馴染みませんでしたが、ハナは時間をかけ触れあっていこうと決めました。 グレースもそんなハナに少しずつ心を許していきます。   そしてかなりの年月が過ぎました。 釈放されたあとも灯台守として孤島で暮らしているトムの元にルーシーグレースと名乗る女性が赤ちゃんを連れてやってきます。ルーシーグレースはあのとき引き離されたルーシーでした。   あれからイザベルはルーシーに会うこともなく病で亡くなっていたのです。その事をルーシーはとても悲しみます。トムはイザベルから受け取っていた手紙をルーシーに渡しました。 イザベルがどれだけ自分を愛していたのか、どれほどの思いでルーシーを手放したのか、イザベルの嘘偽りない気持ちを知りルーシーは涙します。そしてルーシーの生まれたばかりの息子クリストファーをトムに抱いてもらうようお願いしました。 これまで苦難続きだったトムに満面の笑みが浮かびます。   「また息子を連れてここに来てもいい?」と尋ねるルーシーに、「もちろんいつでもおいで」とトムは答えました。   ルーシーを見送り、また一人になったトム。 家の前のベンチに座り、ため息が出るほどの美しい夕日を眺めていました。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です