映画「くるみ割り人形と秘密の王国」のフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

映画「くるみ割り人形と秘密の王国」のフル動画を無料で視聴する方法をご紹介します。

バレエの演目として知られる「くるみ割り人形」をディズニーによって実写化した作品。不思議な世界観と、バレエ界のトップダンサーによる華麗なステップで人気を博しました。


今すぐ無料で視聴するには、TSUTAYA TVが便利です。

ツタヤが運営する月額制のオンライン動画配信サービスで、本来は有料。ところが今なら30日間の無料トライアルを実施しているので、「くるみ割り人形と秘密の王国」を視聴後、30日以内に解約すれば1円も料金はかかりません。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「くるみ割り人形と秘密の王国」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × × ×
TSUTAYA TV 500ポイント 字・吹
hulu × × ×
dTV 400ポイント 字・吹
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 399ポイント 字・吹
music.jp 440ポイント 字・吹
 

「くるみ割り人形と秘密の王国」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・dTV



ただし、dTVとAmazonプライムビデオは実質有料なので注意です。

無料で視聴するなら一番オススメなのはTSUTAYA TV。ツタヤが運営するサービスなので安心感もありますし、30日間の無料トライアルがあるので、期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用はかかりません。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「くるみ割り人形と秘密の王国」「the Nutcracker and the Four Realms」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「くるみ割り人形と秘密の王国」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。
月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「くるみ割り人形と秘密の王国」のあらすじ


舞台はクリスマスイブのロンドン。

14歳の少女クララは、手作りの罠でネズミを捕まるべく根裏部屋にいました。弟のフリッツもそれを見て楽しんでいましたが、2人の心は母親のマリーを亡くした悲しみで一杯です。

クララの姉ルイーズも、寂しい思いを抱いていました。母の死から、家族の仲もあまり良くありません。特にクララは父親と話しすらもしなくなっていました。

 

今年は母が亡くなってから初めてのクリスマス。

彼らの父親・シュタールバウムは子供たちへのクリスマスプレゼントを用意していました。クララへのプレゼントは、六角星の鍵穴がついた金色の卵。

プレゼントには手紙も入っており、「あなたに必要なものは全てこの中にある」と書かれています。しかし、卵を開ける鍵はどこにも見当たらず、クララの力では開けることができませんでした。

 

そしてクララたち一家は、ドロッセルマイヤー伯爵のクリスマスパーティーへ向かうことになります。

しかしクララの心は沈んでおりパーティーを楽しむ気分になれません。そしてクララは卵の鍵を作ってもらうため、ドロッセルマイヤーの工房を訪れます。

卵を見たドロッセルマイヤーは、この卵は自分が子どもの頃のマリーにプレゼントしたことを打ち明けますが、卵を開けることは出来ませんでした。

 
パーティーは進行していき、いよいよクリスマスプレゼントを受け取る時間。自分の名札がついた糸を辿っていくと、その先にプレゼントがある仕組みです。

クララも自分の糸を辿っていきますがらなかなかプレゼントに辿りつきません。さらに糸を伝って屋敷の奥へ進んでいくと、なんと雪が降り積もる森の中にたどり着きます。

その糸はクリスマスツリーに繋がっていて、その先には鍵が結ばれていました。クララは鍵に手を伸ばします。

 

その時、あるネズミが鍵を奪い去り森の奥へと走り去っていきました。クララは必死にネズミを追いかけると橋にたどり着きます。橋にはくるみ割り人形の兵隊がいて、クララを王女として扱い出しました。

兵隊はキャプテン・フィリップと名乗り、この秘密の王国には、お菓子の国、雪の国、花の国、そしてマザー・ジンジャーという恐ろしい魔女が統治する第4の国があると話します。

 

クララはフィリップの案内でお菓子の国を訪れることに。そこには統治者のシュガー・プライム、そして花の国と氷の国の宰相もいました。

彼らはクララがマリーにそっくりだと喜びます。マリーは、この世界の女王だったことがあったのです。

 

シュガー・プライムは、かつて仲間だったマザー・ジンジャーが自分たちを裏切って第四の国を作り、戦争をしようとしていると語りだします。

その後クララはシュガー・プライムに元の世界に戻る方法を聞くと、彼女は大きな機械のある部屋に連れて行かれました。この機械を起動すれば戻れるようですが、その為には卵を開けるための鍵が必要なようです。

その鍵はマザー・ジンジャーが持ち去ってしまったとのこと。クララは卵の鍵を求めて、フィリップと第4の国は向かうことになりました。

 

暗い森をしばらく歩くと、マザー・ジンジャーをモチーフにした奇妙なテントが現れます。中には太った兵隊たちが立ちはだかっていました。

クララは兵隊の隙をついてテント内の階段を駆け上がります。すると、そこには鍵を持ったマザー・ジンジャーがいました。

 

クララは彼女から鍵を奪い取ろうとしますが、「真実を知らないものに渡さない」と止められます。

しかしクララはどうにか鍵を奪い取り、逃げ出します。マザー・ジンジャーは必死にクララを呼び戻そうとしますが、クララは無事にお菓子の国に戻ってくることができました。

 

そしてクララはその鍵をシュガー・プライムに渡します。

これで元の世界に戻れると思いましたが、シュガー・プライムは態度を急変。クララとフィリップ、そして氷と花の国の二人の宰相を牢屋に閉じ込めてしまいました。

 

実は裏切ったのはマザー・ジンジャーではなく、シュガー・プライムのほうだったのです。彼女は世界征服をするため、鍵を使って兵士を増産し始めました。

 

クララは牢屋にいたネズミを使って、マザー・ジンジャーにこの危機を伝えます。

 

「くるみ割り人形と秘密の王国」のネタバレ

クララからの伝令を聞いたマザー・ジンジャーは、太った兵隊たちを引き連れてお菓子の国へやってきました。そして、クララを牢屋から助け出します。

しかしシュガー・プライムはすでに強大な力とたくさんの兵士たちを手に入れていました。

 

マザー・ジンジャーはシュガー・プライムを説得しようとしますが、彼女は聞く耳を持ちません。そして、彼女はマザー・ジンジャーに機械を仕向けます。

その機械は元の世界に戻るものではなく、相手をおもちゃにしてしまう兵器だったのです。

 

絶体絶命のピンチになりますが、クララは一瞬の隙を見て鍵を取り返します。そして、機械を奪い取るとシュガー・プライムをおもちゃへと変えてしまいました。

 

こうして秘密の王国に平和が返ってきました。第四の国は「遊びの国」という本来の名前を取り戻しました。

マザー・ジンジャーは、クララに王国に残って欲しいと伝えますが、彼女は元の世界へ帰ると強く希望。クララはフィリップに見送られながら、雪の積もる森を抜け屋敷へ戻って行きます。

 

この冒険を通じて、クララはついに母の死を乗り越えました。彼女は父親に、母が亡くなってから今までひどい態度をとっていたことを謝ります。父もそんなクララに対してすまなかったと言いました。

そして彼女は父親をダンスに誘い、家族みんなで幸せな時を過ごすのでした。

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です