映画「オペラ座の怪人(2004)」のネタバレとフル動画を無料視聴

5 min
映画「オペラ座の怪人」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 アンドリュー・ロイド=ウェバーによる名作ミュージカルの映画化作品です。オペラ座の闇に住む怪人が歌姫に恋をする幻想的な物語。怪人の孤独と苦悩と悲しみが名曲の数々で紡ぎだされます。 残念ながらオペラ座の怪人(2004)はどのサービスでもまったく配信されていません。唯一視聴可能、かつ無料で楽しむ方法はオンラインのDVDレンタルサービス、TSUTAYA DISCASを利用することです。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「オペラ座の怪人」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年3月20日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「オペラ座の怪人」を配信しているのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。 TSUTAYA DISCASは、DVDのオンラインレンタルサービス。 具体的には、スマホやパソコンでDVDを注文すると、自宅までDVDを届けてくれて、返却も近くのポストにDVDを入れればOK…というサービス。 DVD再生環境が必要、自宅に届くまで時間がかかる…といったデメリットはありますが、そのぶんオペラ座の怪人2004のように、他のVODでも全滅のような作品でも9割型配信されているのが最大の強みです。 また、30日間の無料トライアル期間に旧作&準新作を合計8枚までレンタル可能。「見たかったけどなかなか見る機会がなくて…」という作品を、一挙に視聴することも可能です。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「オペラ座の怪人(邦題)」「the phantom of opera(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「オペラ座の怪人」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「オペラ座の怪人」のあらすじ

1905年のパリ、オペラ座。華やかな舞台の裏では、踊り子たちが声をひそめてうわさしていました。ここには謎の怪人がいる。恐ろしいことはみんな彼の仕業だと。 本番直前のリハーサル。 主演女優・カルロッタが歌おうとすると突然セットが崩れます。怒りと恐怖のため舞台を降りてしまう主演女優。代役として見出されたのは、その他大勢として舞台のすみにいたクリスティーヌ(エミー・ロッサム)でした。 クリスティーヌの歌声は本番の舞台でより一層つややかに輝きました。それを見て子爵のラウル(パトリック・ウィルソン)は目を疑います。 あれは幼な友達のクリスティーヌ・ダーエにちがいない……!歌が終わるとラウルは舞台に向かって「ブラボー!」と叫び、興奮とともに楽屋へ駆けだします。 楽屋で再会を喜び合う2人。クリスティーヌは昔の清らかな少女のままでした。 しかしラウルがその晩の食事に誘うと彼女の表情が曇ります。音楽のレッスンを受けなければならないから……と断ろうとするクリスティーヌ。しかし興奮しているラウルは聞く耳を持ちません。支度をしてくると言い残し楽屋を出て行ってしまいます。 実は彼女は誰ともわからない、声だけの存在から毎夜音楽の指導を受けていたのです。ただのコーラスガールに過ぎない彼女がここまで力をつけたのも「声」のおかげ。 クリスティーヌ自身はこの声を、亡くなった父がつかわしてくれた「音楽の天使」だと信じています。 でもそれは音楽の天使などではありませんでした。みんなが噂している怪人のものだったのです。オペラ座の暗がりに住みつき姿を見せない怪人(ジェラルド・バトラー)。 今までは声だけの繋がりで満足していた怪人ですが、ラウルの登場で焦りが生じます。切羽詰まった怪人はクリスティーヌを連れ去ります。自分の隠れ家であるオペラ座の地下にある秘密の湖へと。 クリスティーヌが目を覚ますと、傍らでは怪人が一心不乱にパイプオルガンを弾いていました。彼女はそっと忍び寄り怪人の仮面をはぎとります。 そこには世にも恐ろしい顔が!驚き悲鳴を上げる彼女を怪人は突き飛ばします。 怪人はあまりの醜さゆえに見世物小屋へ売られた過去を持っていました。子どもの頃に見世物小屋を脱走し、それ以来ずっとこの広大なオペラ座で生きて来たのです。暗闇の中で息をひそめながら……。醜い姿を見られ怒りと苦しみを感じる怪人。 怪人は苦悩の末、クリスティーヌに愛を訴えます。君だけが私を、私の音楽を高みへ引き上げられる。クリスティーヌも彼を音楽の天使と信じていたことを忘れられません。 舞台で歌えるまでに育ててくれたのは彼なのです。 一方、地上ではオペラ座の経営陣宛に怪人からの手紙が届いていました。 「クリスティーヌを次の演目で主役に据え、カルロッタは脇役へ回すこと。私へ月12万フランの給与を支給すること。5番ボックス席は私のために空けておくこと」 そこへクリスティーヌを必死で探すラウルと主演女優・カルロッタが飛び込んできて騒ぎたてます。結局経営陣はカルロッタの剣幕にあらがうことが出来ず、怪人の指示に背いてカルロッタを主役、戻って来たクリスティーヌを脇役と決定。 オペラの舞台の幕が開きました。舞台ではカルロッタとクリスティーヌが歌っています。しかしそこに怪人の声が不気味に響きました。 「5番ボックス席を空けておけと言わなかったかね?」 突然カルロッタの声がつぶれたカエルのようになってしまいます。 ゲコゲコというだけで他の声は出て来ません。混乱する舞台上に、さらにロープで首を絞められた大道具係の死体が放り出されました。見せしめです!劇場はパニックに。 その混乱から逃れクリスティーヌとラウルは手を取り合い、オペラ座の屋上へたどりつきました。ここならば安全。こんな時ですが語り合い、心をたしかめあう2人。 でも背後の暗闇には怪人が潜み、嫉妬に狂って2人を見つめています……  

「オペラ座の怪人」のネタバレ

それから何ヶ月か経ちました。その間、怪人はなりを潜め、オペラ座の人々は彼のことを忘れ始めていました。 その夜は仮面舞踏会。しかしその場が突然静まり返ります。仮装の人々に交じって怪人が姿を現したのです!身動きも出来ぬ死のような沈黙のなか、怪人はクリスティーヌの指輪を持って姿を消しました。 怪人を捕まえなければ安全ではいられない。 ラウルはクリスティーヌが主役をつとめる舞台の周囲に警官を手配しました。きっとここに怪人は現れるはず。――しかし彼が現れたのはなんと舞台の上。しかもクリスティーヌの相手役として。 舞台はなにごともないかのように進行していきます。見つめるラウルも、同じ舞台にあがる歌手や踊り手たちも、魅入られたように動きません。滑らかに重なる二人の二重唱。 しかしそこで突然クリスティーヌが怪人の仮面をはぎ取りました! あの恐ろしい顔が現れ、観客たちは我に返ります。怪人は脱出のため舞台上に大シャンデリアを落下させ、阿鼻叫喚の場となります。燃え上がる炎。怪人はクリスティーヌを連れ去ります。 ラウルはクリスティーヌを取り戻そうと地下の湖へ。 オペラ座の地下、深いところでようやくラウルは怪人とクリスティーヌに出会いますが――ラウルの首にロープがかけられてしまいます。罠だったのです。怪人はクリスティーヌに、自分に従わなければラウルを殺すと脅します。 クリスティーヌは怪人についていくと決心しました。ラウルを助けるため。しかしまた一方で怪人を心から憐れに思います。誰にも愛されなかった、かわいそうな人。 その思いがあふれ、クリスティーヌは怪人にそっと近寄りキスをします。無限の優しさのこもったキス。キスを受けた怪人は呆然とし、優しさに打ちのめされ顔を覆います。 去れ!いなくなってしまえ!2人とも一緒に、私の前から! 怪人の絶叫に顔を見合わせたクリスティーヌとラウルでしたが、一瞬で心を決めると手を取って逃げ出します。わが命のクリスティーヌ、わが手から逃げ去った小鳥――長い間見送っていた怪人もまた暗闇へと姿を消すのでした。 それから長い時が経って――。クリスティーヌが天へと召されました後、年老いたラウルは時折その墓へ詣でます。そして墓標にはいつも、誰からのものとも知れぬ真っ赤なバラが捧げられているのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です