戦場のピアニストのネタバレとフル動画の無料視聴【映画配信状況】

4 min
映画「戦場のピアニスト」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 残念ながら通常の動画配信サービスでは有料でも配信されておらず、戦場のピアニストを完全無料で視聴する手段はTSUTAYA DISCASのみになります。 視聴までタイムラグがあるのと、DVD再生環境が必要ではありますが、現在唯一ともいって良い「戦場のピアニスト」の視聴方法なのでぜひ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「戦場のピアニスト」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
  「戦場のピアニスト」を配信しているサービスはTSUTAYA DISCASのみです。 それ以外のサービスでは配信すらされていないので注意してください。 TSUTAYA DISCASは他のサービスと違い、オンラインのDVDレンタル。つまり今すぐ無料で視聴できませんが、他と同じように無料トライアル期間(30日)はあります。 また、わざわざツタヤの店頭に行かなくてもパソコンやスマホからレンタルできるので、自宅ポストに到着を待つだけでOK。おまけに、返却も付属の袋に入れてポスト投函するだけなので、ほぼ手間はかかりません。 そして無料トライアル期間に旧作や準新作なら8枚までDVDレンタル可能。ジブリをはじめ動画配信サービスでは配信ゼロの作品も楽しめるのが強みなので、ぜひ利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「戦場のピアニスト(邦題)」「the pianist(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「戦場のピアニスト」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「戦場のピアニスト」のあらすじ

時は第二次世界大戦中、シュピルマンはポーランドでピアニストとして演奏活動をしていました。しかし、ドイツ軍の侵攻によって国が占領されると同時に、彼を含むユダヤ人たちは差別、迫害されてしまいます。 すぐに戦いが終わると信じながら迫害に耐えるユダヤ人たちでしたが、ユダヤ人居住区への強制移住や貧困による飢えは、とても厳しいものでした。 そんな中、シュピルマンはある「うわさ」を耳にします。 「ドイツ人のために働いている事を証明できなければ、労働収容所に送られる」と。 証明書がなければ自分はおろか、家族全員が収容所に送られてしまう。 危機的な状況のなか、シュピルマンは知人の手助けもあり、なんとか家族全員の証明書を手に入れました。「これさえあれば大丈夫」と一家はよろこびます。 しかし、その証明書にはなんの効果もありませんでした。 すぐにユダヤ人たちは収容所行きの列車に乗せられ、二度と戻れない旅に出発してしまいます。 シュピルマンは列車に乗るギリギリの所で彼を知る警察官に助けられますが、家族はみな連れ去られてしまいました。  

「戦場のピアニスト」のネタバレ

ひとり途方に暮れるシュピルマンでしたが、ゲットーや知人に紹介されたアパートを転々としながら、様々な人達に助けられます。偶然にもそれらはすべて、シュピルマンが過去に演奏活動をするなかで出会ってきた人々でした。 彼らの支えもあり、シュピルマンはなんとかその日その日を生き延びます。しかし、しだいに食料は底を尽き、彼は病気でまともにしゃべれなくなるほど衰弱してしまいます。 医師の助けによって一命をとりとめたものの、息つく暇もなく、今度はワルシャワ蜂起によってまたもやドイツ軍による爆撃にさらされることに。 その爆撃で最後の隠れ家を失ったシュピルマンは、とうとう誰の助けもない一人きりの逃亡生活に身を置くことになります。 あちこちをパトロールするドイツ軍の目をかいくぐりながら、病院の跡地やぼろぼろになった廃墟をめぐり、食料探しにいそしむシュピルマン。 とある廃墟でまだ開けてない缶を見つけます。夜になり、辺りが静まり返ると、彼は夢中で缶を開けようとしますが、そこにはひとりのドイツ軍将校の姿が。 もはやこれまでと覚悟をきめるシュピルマンに、ドイツ軍将校はたずねます。 「ここで何をしている?職業は?」 「ピアニストでした」とおそるおそる答えるシュピルマン。すると将校は彼にピアノを弾いてみせるように言います。 これまでの長い逃亡生活のせいでピアノを弾けずにいたシュピルマンは、その一瞬一瞬を噛みしめながら、渾身の演奏を披露します。 驚いた事に、演奏に感動した将校は、彼をユダヤ人だと知りながらも見逃します。さらに密かに食料も分け与えたりするなど、その数々の慈悲にシュピルマンは涙を流しました。 シュピルマンはそのまま将校にかくまわれ、終戦の時を迎えます。その後、彼は二度と将校に会うことなくポーランドでピアニストとして音楽活動を続けました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です