映画「ティファニーで朝食を」のネタバレとフル動画の無料視聴方法

1 min
映画「ティファニーで朝食を」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ニューヨークを舞台に男を食い物にして華やかな生活を送るホリー。気分が落ち込んだら、ティファニーのショーウィンドウの前で朝食をとるのがホリーの日課。 そんな彼女の住むマンションに、作家兼愛人業を務めるポールが引っ越してきました。なんといってもオードリー・ヘプバーンの魅力が最大限に生かされた映画です! 今すぐ無料で視聴するなら、U-NEXTがオススメ。 同じくオードリー・ヘップバーンの代表作「ローマの休日」も配信されていますし、31日間の無料トライアルがあるので、期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用はかからず映画を楽しめます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ティファニーで朝食を」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu 見放題
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
  「ティファニーで朝食を」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・music.jp ・Amazonプライムビデオ ・U-next ・hulu ・Netflix ・dTV ただし、NetflixとdTVとAmazonプライムビデオの3つは実際には有料なので注意です。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがないため、最初から月額料金が発生する dTV&Amazonビデオ:30日間の無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要で結局自腹

なので、無料で視聴が可能なのはHulu、U-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpの4つ。 さらに吹替と字幕どちらも配信しているのはU-NEXTとmusic.jpのみで、無料トライアル期間の長さや配信されている見放題作品の数を考えると、一番オススメなのはU-NEXTです。 登録から31日以内に視聴して解約してしまえば、1円も費用はかかりません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ティファニーで朝食を(邦題)」「Breakfast at Tiffany’s(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ティファニーで朝食を」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「ティファニーで朝食を」のあらすじ

  まだ太陽が昇り切らない朝。 着飾ったドレス姿の女性ホリーは、ティファニーのショップの前でタクシーを降りました。ショーウィンドウに並ぶ宝石たちを眺めながら、パンとコーヒーを片手に朝食を取ります。 ホリーは外からティファニーを眺めただけでショップを後にし、自分のマンションへ。いつものごとく、セキュリティドアの鍵が見当たらないため、日本人の管理人ユニヨシを起こして扉を開けさせます。眠りを妨げられたユニヨシはカンカンです。   そして朝から眠りにつくホリー。 突然部屋のベルが鳴りました。 1匹のネコがホリーの背中をポンポンと触れて彼女を起こします。そのネコはホリーに拾われ長年一緒に暮らしていますが、未だに名前すらありません。 ベルを鳴らしたのは、上の階に引っ越してきた男性ポールでした。そして電話を貸してほしいと頼まれるとホリーは快くOKし、彼を部屋に招き入れて他愛もない話をします。 自分はティファニーに夢中で、気分が沈んだときはティファニーに行くこと。 今日ティファニーのショーケース越しに朝食を食べていたのはそのため。「気分を変えてくれるティファニーのような場所が見つかったら、家具を買ってネコにも名前をつけてあげるの」ともポールに言います。 そこでホリーは、今日が木曜日であることに気づき慌てます。 毎週木曜日はシンシン収容所へ出向き、サリー・トマトという人物に面会する予定がありました。彼はマフィアのドンであり、彼の言う「天気予報」を彼の弁護士に伝えるだけで100ドルがもらえる少し怪しいお仕事。 ホリーとポールは外に出てタクシーを呼び止めます。ちょうどそこで降りてきたのはフェレンソン夫人で、彼はポールとはすでに面識があるようでした。夫人は室内装飾を生業としていて、ポールの新居の装飾を手伝っていたようです。   そして日は暮れて、夜。 ホリーはパーティーで出会った男性に気に入られ、家までついて来られました。 ドアをドンドン叩かれ続け、たまらず非常階段を上って上の階に住み始めたポールの部屋の前に避難。窓の外からポールの部屋の中をのぞくと、ポールはベッドで寝ていてそしてフェレンソン夫人が机にお金を置いて部屋を後にするところでした。 つまり2人は愛人関係だったのです。 夫人が去った後、ポールの部屋に窓から部屋に入れてもらうホリー。 ホリーはポールの雰囲気が気に入っていて、自分の兄に似ていると伝えました。ここでやっと二人はお互いに自己紹介を始め、ポールが出版も経験した作家であることなどを知ります。 ですが、長編を執筆中の割にはタイプライターには文字を打つために必要なリボンが入っておらず…ポールの新作はまだまだ先になりそうでした。 一方、ホリーも自分のことを話し始めます。 ホリーは14の時に家出して、兄のフレッドは現在は軍隊に。「お金が貯まったら兄を呼び戻して二人でメキシコで暮らす」それがホリーの夢でもありました。   翌日、ホリーの部屋で開催されたパーティー。 ホリーは事前に、ポールの郵便受けにタイプライター用のリボンを添えて招待状を送っており、ポールはパーティーに参加します。 また友達のメグが二人の男性を連れてパーティーにやってきました。 一人は南米風イケメンのホセで、もう一人はアメリカで9位の金持ちであるラスティ。目ざとく金持ちのラスティを見つけたホリーは、なんとかお近づきになろうと挨拶をし一緒にダンスを踊っています。 パーティーの大きな音楽の音に耐えられず、管理人ユニヨシは警察を要請。ホリーは自分の部屋を出て、金持ちラスティを連れて外へ逃げました。ポールはその様子を横目に非常階段を使って自分の部屋へ逃げました。   翌日、ポールの元に険悪な面持ちでフェレンソン夫人がやってきました。マンションの外に男が待ち伏せをしていて、自分たちの不貞を監視しているかもしれないと言うのです。ポールは探りを入れるために外に出て様子を見ることにします。  

「ティファニーで朝食を」のネタバレ

ポールは何食わぬ顔で建物の周りを散歩を始めました。 不審な男もポールの後を尾行。川沿いのベンチに腰掛けたポールの横に、男が腰掛けポールに話しかけました。 男はホリーの亭主だと打ち明けました。彼はテキサスで獣医と農業を営んでおり、名前はブライトリーだと名乗ります。じきにポールの兄が兵役を終えて除隊するので、家出したホリーを連れ戻しにやってきたのだと言います。 ブライトリーは、恵まれた環境にいながら何故ホリーが家出をしてしまったのかがわからないのだとポールに話します。ブライトリーが買って食べていたコーンキャンディを進められ、ポールはお菓子の中に景品の指輪があるのに気づきました。ブライトリーは首を振って要らないと意思表示。 ブライトリーは、ホリーを連れ戻すのに協力してもらいたいと頼みます。 そしてブライトリーを連れてホリーの部屋を訪れました。ホリーを見たブライトリーは歓喜し、ホリーを抱きしめました。ですが、ホリーのほうが必ずしも嬉しいというわけではなさそう… 翌日、ホリーはポールに「ブライトリーとの婚姻関係を解消したい」と話します。 この後、ブライトリーはホリーと一緒に帰るつもりでバスに乗る予定でした。…が、ホリーは土壇場で断ってバスには乗らずに、ブライトリーが帰るのを見送りたいそうです。ホリーはポールに付き添いを頼みました。   バスターミナルでホリーは自分の想いを正直に伝えましたが、ブライトリーも納得はできません。 すぐに兄フレッドが兵役を終えて帰ってくること、そしてホリーが一緒に帰らないのなら、フレッドには軍隊に残ってもらうと脅しました。ホリーは「昔の私はもういない!」とブライトリーに訴え、ブライトリーは渋々了承しバスに乗って帰りました。 気分が落ち込んだホリー。 普段ならティファニーに行くところですが、残念ながら今日は休業日。 仕方なくポールを連れて飲みに行きました。ホリーは酔っぱらいながら、兄のフレッドが戻ってきたら一緒に住むためにお金が必要で、お金を工面するために金持ちラスティと結婚するのだと話します。 ホリーは酔っぱらいすぎて、ポールに「女にお金をもらうのは慣れているでしょ」と言ってしまいます。売り言葉に買い言葉で、ポールもホリーに対し「お金のために身を売る女だ」と言ってしまいました。   翌朝、ポールは仲直りするためにホリーの元を訪れました。 するとホリーの部屋の玄関の前に朝刊が届いていて、一面には「ラスティが玉の輿結婚」というような内容が。ポールはそれをホリーに教え、ホリーはラスティはきっとお金がなかったのだとガッカリ。 「私のお金を狙って結婚しない?」 冗談交じりで言うホリー。 「いつでも」 とだけ即座に返事をするポール。 ホリーはポールに感謝のキスをしますが、ポールの様子が違うことに少し戸惑います。 ポールは短編の小説が売れたとホリーに報告。 お祝いに朝からシャンパンを開けましょう、それからいつもとは違うことをしましょう、とホリーは提案します。二人は朝からニューヨークの街を散策し、最初にティファニーの店に入りました。 ポールの手持ちは10ドルと小切手。ポールがタイプライターのリボンのお礼に何か買ってあげると言うと、ホリーは10ドルで何か買ってとお願いします。ティファニーの店員に相談すると、電話のダイヤル回ししか10ドル以下の商品はないとのことです。 ポールはそれはロマンチックではないので、お菓子の景品の指輪に文字を入れてくれないかと頼みます。 頼まれた店員は「目まぐるしい世の中で、今でも昔からの景品がつくのはホッとしました」と言い、「異例ですが、当店は物分かりがいいもので・・明日朝には文字を入れられます」と快諾。ホリーは改めてティファニーを好きになり、「すてきなお店でしょ」とポールに言いました。 ティファニーを後にした二人。今度はポールがホリーをニューヨークの図書館に連れて行きます。 ポールは自分の著書が図書館に置いてあるのをホリーに見せて、ホリーはテンションが上がり、職員に怒られながらポールにサインをさせました。 ホリーとポールはニューヨークの街を満喫し、すっかり意気投合しました。一夜を共にした二人でしたが、朝ポールが目覚めるとホリーは消えていました。ホリーの部屋にもいません。 フェレンソン夫人がマンションの前でタクシーを降りるのが見えて、ポールはあわてて自分の部屋に戻ります。ポールは夫人を部屋に招き入れた後、別れを告げました。夫人は、それでも強気で「1000ドルの小切手を渡すから、お相手の女性と旅行にでも行きなさい」と提案。 ポールは、夫人の提案にも動じず家を出ました。 ティファニーのショップに指輪を取りに行き、ホリーを探して回ります。図書館に行くと、ホリーは南アフリカについての本を読み漁っていました。 ホリーは、パーティーでメグが連れてきた南米風のイケメン、ホセと結婚する計画なのです。ショックを受けたポールは、ホリーに「愛している」と伝えました。愛の言葉を聞いてもなお、ホリーは自分の意思を曲げずに突き進みます。 ある晩、ホリーはホセを連れて部屋に帰りましたが、玄関の前にあった電報の中身を読むと、突然ホリーはホセの前で発狂してしまいました。物を投げたり、割ったりし、枕の羽が飛び出て部屋を舞いました。ホセは助けを求めにポールを呼びました。 ホリーは兄の名を呼びながら、ベッドに泣き崩れました。電報には、彼女の兄が交通事故で亡くなったと書いてあったのです。ポールはホセに、ホリーの慕っている兄が亡くなったと説明し慰めてあげるように言いました。   しばらくして、ホリーからの電報を受け取ったポールが訪ねてきます。 ホリーはホセとの結婚の準備を進めているところで、編み物をしたり料理をしたりと以前とは全く違う生活を送っていました。ポールも雑誌などで名声を上げ、本も出版していて以前とは全く別人の生活です。 ホリーがポールに連絡をしたのは、明日ホリーがブラジルへ旅立つため。 ホリーは今とても幸せで、ブラジルでもうまくやっていくと宣言しました。 ホリーとポールが外食して部屋に戻ると、張り込んでいた警察に二人とも手錠をかけられ警察に連行されてしまいました。サリー・トマトの違法なクスリの取引の関与を疑われています。毎週木曜日の天気予報はクスリ取引のための暗号だったのです。 昔から面倒を見てくれていたホリーの友人に保釈金を払ってもらい、なんとか解放されました。ポールがホリーのネコを連れて、タクシーで迎えに行ってあげました。 ですが、ポールはホセからの手紙も預かっていました。 ホセの家名を汚したくない。マフィアに絡んで騒動になったホリーとの関係は解消したいと。 自棄になったホリーは、それでもブラジルに行き、他の金持ちを探すとポールに言います。ポールは今でもホリーを愛していると告白しますが、ホリーには愛は檻と同じで、自分は誰の物にもなりたくないのだと受け入れてくれません。 タクシーを停めたホリーは、雨の中ネコを道端に放しました。 あきれたポールはタクシーを降りてホリーに言います。 「人が生きるためには、人のものになり合うことが幸福への道。自由の気でいても、結局それは自分が作った檻で、どこへ行ってもついて回る。勇気がないチキンなだけだ。」 ポールはそう言って、ティファニーでイニシャルを刻んでもらった指輪をホリーに放り投げ、雨に濡れながらネコを探しに行きました。泣きながら指輪をはめてみたホリーは、何かに気づいたようにタクシーを降りてポールを追いかけました。 ホリーは雨に濡れながらネコを探し、びしょ濡れになったネコを見つけました。ホリーとポールは見つめ合い、そして腕の中のネコと一緒に抱きしめ合いました。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です