「時計じかけのオレンジ」のフル動画を無料視聴【dailymotion&openload】

時計じかけのオレンジ」のフル動画を視聴する方法を紹介します。

スタンリー・キューブリックが監督を務めたこの作品は、自由と全体主義社会のジレンマが皮肉たっぷりに描かれています。1971年に公開され大反響を呼びました。数々の斬新な表現は一見の価値ありです。

 

時計じかけのオレンジの視聴には、動画配信サービスが便利。

特に「music.jp」は登録から30日間は無料トライアルが可能で、その間に解約すれば1円もかけずに映画を楽しめます。誰でも無料トライアルがカンタンに試せるので、こちらから登録してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「時計じかけのオレンジ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × × ×
TSUTAYA TV 440ポイント
hulu × × ×
dTV 見放題
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 見放題
music.jp 330ポイント
 

「時計じかけのオレンジ」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
dTV

いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。

 

もしどれにも登録していなければ、music.jp(ミュージックドットジェーピー)で視聴してみてください。

music.jpの視聴にはポイント(別料金)が必要となっていますが、30日間の無料トライアル登録時に1600ものポイントがもらえますし、「時計じかけのオレンジ」だけではなく他の映画も楽しめます。

無料トライアルの条件は、「music.jpに初めて登録する」ことだけ。そして無料トライアル期間中に解約してしまえば1円もかからないですし、まずは気軽に試してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「時計じかけのオレンジ」「A Clockwork Orange」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「時計じかけのオレンジ」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
 

music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。

music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。

 

特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。

もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

「時計仕掛けのオレンジ」のあらすじ

 

近未来のロンドンに住むアレックスは、「ドルーグ」という不良グループのリーダー。

彼らは毎晩バーに集まっては暴力的な行動を繰り返していました。

 

ある時はホームレスをめった打ちにしたり、ある時は敵対する不良グループとケンカをしたり、またある時は山奥の民家に押し入り住人に暴力を振るっていたのです。

ある日アレックスたちは仲間割れを起こしますが、アレックスがひと暴れすると彼らはすぐ仲直り。誰ひとり凶暴なアレックスには歯向かえませんでした。

 

その晩、彼らはある金持ちの家に強盗に入ります。アレックスが代表して家の中に忍び込むと、家主の老女が出てきて騒動になりました。彼は勢い余って老女を撲殺してしまいました。

アレックスはその場から逃げようとしますが、仲間に裏切られ警察に逮捕。懲役14年の刑となり、刑務所行きとなります。

 

刑務所に入って2年。

「ルドヴィコ療法」という新しい犯罪者更生プログラムが国から発表されました。アレックスは刑期を早く終えたい気持ちから、この更生プログラムに志願します。

そしてプログラムを受けるために専用施設に送られました。そこで行われた「ルドヴィコ療法」とはどんなものなのでしょうか…。

 

「時計じかけのオレンジ」のネタバレ

「ルドヴィコ療法」とは吐き気を催す薬を飲ませた状態で、強制的に残虐な映像を鑑賞させ続けるというものでした。

 

そして治療の日。

アレックスは拘束服を着せられ、さらにまぶたを固定器具で開いたままにさせられました。これでは映像から目をそらしたくてもそらすことが出来ません。

最初は余裕で映像を観ていたアレックスも、しばらくすると吐き気を催し映像を止めるよう泣き叫ぶように。しかし映像は延々と続きます。

 

治療後、あれだけ暴力に快感を得ていたアレックスは生理的に暴力を受け付けなくなりました。

更生プログラムを終えたアレックスは出所し、家族のもとへ帰ることに。しかし家には見知らぬ男が養子として住んでおり、アレックスの両親は困惑します。

居場所がないと感じたアレックスは家を飛び出していきました。

 

家を出て街を歩いていると、かつてアレックスがめった打ちにしたホームレスがやってきました。ホームレスは仲間を引き連れてアレックスに暴力を振るいます。

その時二人の警官がアレックスを助けます。よく見ると、その警官は「ドルーグ」の仲間でした。

 

警官たちはアレックスをパトカーへ乗せると、山奥へ連れて行き暴力を振るいました。

そしてアレックスは山へ捨てられます。

 

 

アレックスは命からがら山を歩いていると、民家を見つけました。彼はその民家を訪ね助けを求めます。しかしその民家の住人は、以前アレックスが暴力を振るった人物だったのです。

住人はアレックスの事を思い出し、ある政治家に連絡します。その政治家とは「ルドヴィコ療法」に反対する人物でした。住人はアレックスを監禁し、彼に飛び降り自殺をするように仕向けます。

そしてアレックスは二階から身を投げ出しました。

 

しかし彼は生き残りました。気が付くと病院に運ばれ、治療を受けています。

そして彼は、いつのまにか頭の中で裸の女性と乱れている姿を想像していました。

結局、彼は再び暴力性を取り戻してしまったのでした。


↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です