映画007「トゥモロー・ネバー・ダイ」フル動画配信VOD【無料視聴】

8 min
映画「トゥモロー・ネバー・ダイ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 南シナ海を航行していたイギリス海軍艦が中国軍と思しき攻撃を受け沈没。 しかし、それは戦争を誘発するためのメディア王の策略でした。 事態を確認するためにイギリス情報部の長官Mは諜報員、ジェームズ・ボンドを派遣。沈没をいち早く知り、報道を流していたメディア王、エリオット・カーヴァーに接触します。 007シリーズは、VODサービスでもあまり配信されていませんが、music.jpの30日間無料トライアルを使えば、複数の007映画を楽しむことが可能。 もちろんトゥモロー・ネバー・ダイも無料期間に楽しめますし、期間内に解約してしまえば費用はかかりません。今すぐmusic.jpで視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「トゥモロー・ネバー・ダイ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 330ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 字:199ポイント 吹:400ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「トゥモロー・ネバー・ダイ」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオだけは有料なので注意してください。 無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので、トゥモロー・ネバー・ダイの視聴はU-NEXTもしくはmusic.jpの2択になります。 ちなみに007シリーズは見放題ではなくポイント制(有料)であることが多く、登録時にタダでもらえるポイントによって、無料期間に視聴できる本数が違ってきます。 U-NEXT:1本のみ music.jp:3本以上 music.jpを利用したほうが、少しでも多く007の映画を楽しめるので、ぜひmusic.jpの30日間無料トライアルで「トゥモロー・ネバー・ダイ」を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「トゥモロー・ネバー・ダイ(邦題)」「tomorrow never die(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました。

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

007シリーズを楽しむ2つの方法

今すぐ視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000 通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
  music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。 music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。 もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

007シリーズを多く楽しむならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
まず、TSUTAYA DISCASは「動画配信」ではなく「DVDレンタル」です。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TV/DISCASに登録すると、この2つのサービスをセットで30日間無料お試しできるのですが、007シリーズの視聴に有効なのはTSUTAYA DISCASのほう。 DVDレンタルといっても店舗に足を運ぶ必要はなく、スマホやパソコンで見たいDVDを注文すれば、自宅の郵便ポストに届けてくれます。返却も近くのポストに入れるだけでOK。 また、TSUTAYA DISCASはDVDレンタルな代わりに、他の配信サービスでは一切配信されていない作品も、9割は取り扱っているため、ラインナップが桁違い! 実際、007シリーズもTSUTAYA DISCASでは軒並み、「そういえばあの作品見たかったな」という作品も、無料期間に最大8枚までまとめて視聴することも可能。 自宅にDVDが届くまでタイムラグがある事がデメリットですが、 ①TSUTAYA DISCASで007シリーズを8作品レンタルする ②自宅にDVDが届くまでmusic.jpで007シリーズを3作品楽しむ とすれば、少しでも多く007シリーズを無料で楽しむことが可能です。DVD再生環境があるなら、ぜひmusic.jpと合わせてTSUTAYA DISCASも利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

「トゥモロー・ネバー・ダイ」のあらすじとネタバレ

メディア王の野望

ロシア国境の武器マーケットに潜入するイギリス情報部MI6諜報員、ジェームズ・ボンド。世界をまたにかけるテロリストたちが集まる中へロシア軍の将軍とイギリス海軍提督はミサイル攻撃を命令します。 その時、遅れて核魚雷を発見したボンドは取引現場にいたハイテクテロリストのヘンリー・グプタを逃すが、かろうじて魚雷を搭載した戦闘機ごと奪い脱出に成功します。 その頃、南シナ海。イギリス海軍艦デヴォンシャーはGPSでは公海上のはずが、中国軍から領海侵犯の警告を受けた直後に魚雷を撃ち込まれてしまいます。全船員は衝撃に備えるも魚雷は爆発しないことに不審を抱きます。それは通常と明らかに違う代物でした 先端には掘削用ドリルが搭載されており、そのまま前方の物体を粉砕するため防ぐ手立てがないままに沈没する艦の生存者は本部に「中国軍の攻撃により沈没」と打電した後に脱出しますが、海上にいた何者かの機銃掃射により皆殺しにされてしまいます。 同時刻、中国軍も付近を旋回していた戦闘機が彼らのミサイル攻撃により撃墜されてしまいます。双方に攻撃を仕掛けたのは謎のステルス艦でした。 そして、中国製の武器での機銃掃射を指揮するステルス艦の乗組員スタンパーの一団には1台のテレビカメラが構えられていました。 指示を出していたのは、ドイツ・ハンブルクにあるテレビスタジオに似た制御室でした。 そこには武器マーケットにいたグプタがいました。 グプタの持つGPS暗号装置の妨害電波によって誤った位置情報で航行していたデヴォンシャーは、知らずに領海を侵犯してしまい彼らの策にハメられてしまったのでした。 全てはグループの総帥であるメディア王、エリオット・カーヴァーの仕業。 彼はイギリスと中国の両国に戦争を仕向け、実現した模様をメディアに載せて報道することで放映権の独占を企んでいました。 一方、事態を聞いたイギリス海軍は中国軍の攻撃として報復措置を考えていましたが、時期尚早と発言するMI6の局長Mは48時間の事実確認の猶予を取りつけます。 不審なGPS電波のキャッチと、いち早くデヴォンシャーの虐殺事件の写真が掲載された新聞「トゥモロー」紙の記事を不審に思ったMはカーヴァーとの接触をはかる為にハンブルグにある本社の記念パーティにボンドを派遣します。

過去との決別

到着後、空港でレンタカーを調達しようとするボンドに、店員を装った特殊装備担当者Qが現れます。最新装備である携帯電話で遠隔操作ができるBMWをいじくりながら気に入るボンドに「大人になれ、007」と呆れてしまいました。 その後、ボンドはカーヴァーのパーティに潜入します。会場にはかつてボンドと関係を持っていたカーヴァーの妻であるパリスがいました。情報を引き出そうと近づく姿を見ていたカーヴァーは部下に命じ、ボンドを別室に監禁。 部下たちは痛めつけようと考えていたが逆に返り討ちにされてしまい、連絡が来ないことに不審を感じたスタンパーが向かいます。しかし、ボンドはすでにいなくなったあと。 加えてパーティ会場のブレーカーを落として停電にしたことでパーティ会場は大混乱となるなかボンドはその場を退散します。 世界中のメディアがセレモニー会場での停電を取り沙汰にしたことで恥をかかされたと憤るカーヴァーをなだめるパリスはボンドとの関係について追及されますが「よく知らない」と通すことでその場を乗り切ります。 その後、宿泊するホテルの部屋を調べてやってきたパリスと過去の関係を思い出すように、ボンドは一夜を共にすることに。 翌日、改めてカーヴァーの本社に潜入するボンドは、グプタが保管するGPS暗号機を持ちさりますが、昨夜パーティで新華社通信の新聞記者と名乗っていた女性ウェイ・リンと鉢合わせしてしまい社内での銃撃戦に発展。 なんとか脱出してホテルに戻ると、部屋のベッドに横たわるパリスの遺体を発見します。目の前のテレビには「メディア王カーヴァーの妻、殺害。そのそばで身元不明の男が死亡」という録画済のニュースが流れていました。 銃を突きつけながらビデオを取り出す実行犯のDr.カウフマンは心中自殺に見せかけてボンドを殺そうとしますが返り討ちにします。そして冷たくなったパリスに別れのキスをした後、後続の追っ手もBMWの携帯電話での遠隔操作を駆使して脱出します。

情報の支配

持ちかえったGPS暗号装置を使ったカラクリを見抜いたボンドは沈没したデヴォンシャーを調査するため、CIAのジャック・ウェイドの協力を得て、米軍基地から南シナ海の沈没現場に向かいます。 米軍機からのスカイダイビングにより海底に沈むデヴォンシャーに入ったボンドは、そこから巡航ミサイルが1基、盗み取られていることを知ります。 その時、調査するボンドを背後から水中銃で狙う人物がいました。ハンブルクで逃げられたリンでした。彼女は相手がボンドだと理解したその時。船体は傾き、出入口が閉じられてしまいます。 2人はボンベを捨て通気口から海上に脱出すると、そこにはスタンパーたちが待ち構えており2人は捕まってしまいます。 ボンドとリンは、ベトナム・サイゴンにあるカーヴァーネットワークの支社に連れてこられます。そこではカーヴァーが、翌日の朝刊に載せる予定であるボンドと中国公安局の諜報員であるリンの死亡記事を書いていました。 「歴史の英雄は強大な力で世界を支配できたが、私は情報ですべてを支配できる。」 と豪語するカーヴァーはスタンパーにボンドとリンを拷問で苦痛を与えて殺すよう命令し、中国軍の有力者であるチャン将軍との計画のために席を外そうとします。 その隙に手錠で互いに繋がれていたボンドとリンはスタンパーたちを蹴散らしながら狭いサイゴンの路地を走り抜けて敵の追撃を振り切り、リンのアジトに逃げ込みます。 リンは元々、チャン将軍の基地からステルス機の資材が不正に紛失する事件を追っていて、その先にカーヴァーに行き着き調査をしていました。 そこからステルス艦の存在を確信した2人は盗み出されたミサイルを利用して戦争を仕掛けるカーヴァーを止めるために、ステルス艦の居場所として怪しいハロン湾に向かいます。

姿を現す策謀

暗闇に乗じて移動するステルス艦を発見した2人はボートで潜入。艦に爆弾を仕掛ける途中で見つかり、リンはスタンパーに捕まりますがボンドはそのまま潜入を続けます。 カーヴァーはすでにイギリス海軍に中国軍から威嚇としてミサイルを発射していて、数分後には艦隊と中国空軍の戦闘機部隊が戦闘を開始する事態にまで発展していました。 盗み出された巡航ミサイルを北京にむけて撃ち込み、取引相手であるチャン将軍に政権を掌握させ、今後の中国での放映権独占を計画していたことをリンに語り出すカーヴァー。 しかし、実は潜入中のボンドからの報告を受けたMは、両国を手玉にとっていたカーヴァーの陰謀を国防大臣と提督に告げ、中国当局にも確認を取りつぎ戦闘を未然に阻止することができました。 一方、ボンドは衛星にステルス艦の存在を知らせるために手榴弾を用いて燃料タンクの近くに仕掛けをセットします。そして制御室でミサイル発射に向けて操作していたグプタを人質に取ります。 リンとグプタ、双方の解放を条件として取引を持ち込むボンドに、発射準備をすでに整えていて用済みとばかりにカーヴァーはグプタを射殺。その時、ボンドは手榴弾の仕掛けを作動させて爆破したことで現場は大混乱となりステルス艦は衛星に探知されてしまいます。 巡航ミサイルの発射を止める為に別行動を取っていたリンはエンジンルームで制御盤を破壊したことでエンジンは停止します。 艦内は激しい銃撃戦となりますが、レーダー探知で付近を航行するイギリス海軍の巡洋艦のミサイル攻撃を受け炎上したことで完全にステルス艦は停止。「退避」のコールが艦内に響き、ミサイル発射のカウントダウンが迫るがなんとかボンドは制御室を占拠します。 そこへ背後から銃を突きつけるカーヴァーが現れますが、隙をついたボンドはリモート操作していたデヴォンシャーを沈めた魚雷の前にカーヴァーを立たせ、野望と共に文字通り粉みじんにします。 カウントダウンが迫り、発射台に近づくとリンを人質にするスタンパーが現れ、鎖でつながれたリンを海中に落とした同時にボンドに襲い掛かります。 攻撃をかわしながらミサイルの噴射口に爆薬を仕掛けるボンド。そしてスタンパーの足をミサイルと発射台の隙間に挟ませて動けないように固定。 道連れにしようとするスタンパーから間一髪で海中に飛び込み、固定され溺死寸前のリンに口移しで酸素を与えたあと、鎖を解いてリンと共に脱出します。 スタンパーはミサイルと共に爆破されてしまいステルス艦は沈没し、カーヴァーの陰謀は失敗に終わりました。 ボンドの報告を受けたMは、「カーヴァーは南シナ海でクルーズ中に溺死。当局は、メディアの帝王は自殺したと伝えている」という声明文を発表するよう、マネーペニーに指示。 任務を終えたボンドとリンは、海上に浮かぶステルス艦の残骸の上にいました。迎えに来た巡洋艦が拡声器で呼び掛けるが、2人はその呼びかけを無視して長いキスを交わすのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です