映画「殿、利息でござる」のネタバレとフル動画の無料視聴方法

1 min
映画「殿、利息でござる」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 先立つものは何よりもお金。立ち行かない宿場町を救うため、商人たちは前代未聞のアイディアを思いつきます。 しかしそれを実行するためには莫大なお金が必要でした。原作・磯田道史「無私の日本人」。江戸時代の宮城県で実際にあった、無私の心で故郷に尽くした人々の物語。 今すぐ無料で視聴するならU-NEXTがオススメ。 いや、お金かかるじゃん!と思うかもしれませんし確かに有料サービスではあるのですが、31日間の無料トライアルがあるため、期間内に視聴&解約すれば1円もかけずに映画を楽しめます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「殿、利息でござる」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu 見放題
dTV 400ポイント
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 330ポイント
  「殿、利息でござる」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Hulu ・dTV ・Netflix ・Amazonプライム ・music.jp ただし、AmazonプライムビデオとNetflixとdTVは実質有料なので注意です。

Netflix:この中で唯一、無料トライアルがなく最初から月額料金が発生する Amazonビデオ&dTV:30日間無料。ただし、作品によってポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントもなく結局自腹。

新しく1つ登録するなら、オススメはU-NEXTです。 この中で無料トライアル期間が31日間ともっとも長く、配信されている映画やアニメ、ドラマも非常に多いです。まずVODサービスで作品を探す時、「とりあえずU-NEXTを検索する」というくらいには。 また、登録や解約がカンタンなのも良いところで、住所等も不要。そして解約する時は、メールや電話も必要なくトップページからたった5クリックだけで解約完了となります。 今すぐU-NEXTで「殿、利息でござる!」を視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「殿、利息でござる(邦題)」「tono risokudegozaru(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「殿、利息でござる」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「殿、利息でござる」のあらすじ

江戸幕府成立から160年あまり。 仙台藩領の宿場町、吉岡宿では夜逃げがあいつぎ、町はさびれる一方でした。 宿場の義務として藩から命じられた荷運びの仕事、「伝馬役(てんまやく)」。そのためにかかる費用が重すぎてやっていけないのです。 造り酒屋の穀田屋(阿部サダヲ)は「このままでは吉岡宿に未来はない!」と思いつめ、お上に直訴しようとします。そんなことをしたら政治を批判したとして打ち首は間違いなし。周囲は大慌てで訴状を奪いとります。 穀田屋は、知恵者と評判の茶師・菅原屋(瑛太)に解決策はないかとすがりつきます。困り切った菅原屋でしたが、頭の片隅にあるアイディアが浮かびます。今まで誰も思いついたことのない奇策。 「予め大金を藩へと貸し、そこから生まれる利息を「伝馬役」の費用にあてる」 しかしこの前代未聞のアイディアには2つの問題点がありました。 「伝馬役」の費用をまかなえるほどの利息となれば、その元金は莫大なもの。千両――現在のお金で3億円が必要です。そのお金をどうやって作るか。 もう1つは藩にお金を貸すことの難しさ。 仙台藩は見栄のためにお金が足りず、もし吉岡宿が大金を献上するなら、それは死ぬほど欲しいはず。でも藩が民百姓にお金を借りるなど武士のメンツにかけてあってはならないことなのです。 話の持っていき方によっては首が飛びます。 穀田屋たちは内々に話を進めました。 主だった商人たちを引き入れ、財産に応じた出資を求めます。それぞれの事情や思惑が入り混じり、ある者は喜んで、ある者はしぶしぶ応じ、ある者は拒みます。 必要な千両はなかなか揃いません。売り払えるものは全て売り払い、お風呂代さえ節約しても。打つ手がなくなり、沈み込む穀田屋たち。 そこへ声をかけたのは、吉岡宿一番の守銭奴として有名な、造り酒屋兼金貸しの浅野屋(妻夫木聡)でした。 まさか浅野屋が出資してくれるとは。驚きながらも喜ぶ世話人たち。しかし念願かなって一番喜ぶはずの穀田屋は「金は使ってくれ。でも自分はこの計画から抜ける」と突然去ってしまいます。 実は穀田屋はもともと浅野屋に生まれた長男であり、自分が穀田屋に養子に出され、弟が浅野屋の跡を継いだことでずっと心に傷を負っていたのです。 去った穀田屋が気になりますが、計画は進めなければなりません。 足りないお金を何とか揃え、藩に嘆願書を提出します。役所をたらいまわしにされたあげく、3ヶ月も待たされましたが、藩の財政を司る役人・萱場(松田龍平)からの返答は「却下」。 いったん藩に断られた話を再度蒸し返すのは難しい。無礼なふるまいとして罰せられるかもしれません。世話人たちの間には「この話はやはり無謀だったか」とあきらめムードも漂います。  

「殿、利息でござる」のネタバレ

しかしそれを変えたのは、先代の浅野屋の真実の姿でした。 実は先代の浅野屋(山崎努)、穀田屋の父でもある人は、周囲から当代以上の守銭奴だと思われていました。でもその異常なケチぶりも、いつか吉岡宿のために使おうと必死でお金を貯め続けていたからだったのです。 その志をつぐために、浅野屋は今回の計画に大金を出したのでした。 浅野屋の真実を人づてに聞いて、いったんは拗ねてしまった穀田屋もまた仲間に戻って来ます。父と自分が同じ道を歩いていたと知って心がとけたのです。 今度こそ! 穀田屋たちは並々ならぬ覚悟で再度嘆願書を差し出します。 吉岡宿を管轄する代官(堀部圭亮)は先代の浅野屋から続く、吉岡宿を思う人々の心に胸を打たれました。代官は再び筆をとり、上位にあたる萱場に再度熱心に申し入れます。 しばらく考えた後、萱場はその申し入れを受けいれようといいました。しかし条件が一つ。小判で納めよと。小判で千両納められれば受け取る。 喜ぶ吉岡宿の人々。が、やがて萱場が狙ったからくりに気づきます。 当時の貨幣にはいくつかの種類がありました。庶民が使っていたのは「銭」。今回の出資金も穀田屋たちは銭で集めています。 しかし「銭」から「小判」に変えると大幅に価値が変わり、手元のお金が千両に足りなくなってしまうのでした。 もともと血を吐くような思いでなんとか集めたお金です。もうどこを叩いても出せるお金はないのです。 あと800貫文。その不足分を浅野屋が今度も全額出そうと言いだします。 穀田屋たちは断ります。それでなくても浅野屋が出している金額は莫大で、そのために酒造業は続けられなくなっていたのです。それ以上出しては一家離散しかありません。 ですが、浅野屋は言います。 吉岡宿のためになるなら本望と。 その頃には宿場の人々にも話はひそやかに広まっていました。ほんの何文かずつですが、貧しい人々も出来る限りのお金を持ち寄ります。そして小さい居酒屋の女将・とき(竹内結子)が、今までのツケを全部回収して50貫文。 最後の250貫文は――なんでもかんでも売り払う父に反感を持っていた穀田屋の息子が、奉公先の10年分の給料を前借りし、何とか作って来たのでした。 これでやっと千両――。 千両は藩にめでたく納められ、穀田屋たちはお城に呼ばれ報奨金まで与えられます。みなは「報奨金は全額、浅野屋さんに」と、家をつぶしてまで大金を差し出した浅野屋に届けます。しかし浅野屋はそれを断り、もめているところに来客が。 それはなんと、仙台藩の伊達の殿さま(羽生結弦)でした!わざわざ吉岡宿まで殿さまがやってくるなど、これもまた前代未聞。 袴さばきも鮮やかに座敷に入って来た殿さまは、平伏する穀田屋たちに命じます。「浅野屋をつぶしてはならぬ」。そして「霜夜」「寒月」「春風」と酒の名を3つ与え、人々の労をねぎらいます。 千両から生まれた利息は、その後60年にわたって吉岡宿をうるおしつづけました。その総額はおよそ6000両。吉岡宿の人々は笑顔で暮らせるようになりました。浅野屋の先代も、あの世で満足していることでしょう。 殿さまが名付けた酒はその後飛ぶように売れ、浅野屋は繁盛します。浅野屋はその後もさらに吉岡宿のために尽くし、穀田屋や菅原屋もまた末永く続いたのでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です