映画「カールじいさんの空飛ぶ家」のネタバレとフル動画の無料視聴方法

9 min
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 偏屈な老人カールと、少年ラッセルがひょんなことから空飛ぶお家で一緒に旅に出るお話です。現代の社会問題を密かに交えながら、赤の他人である老人と少年が次第に絆を深めていくハートフルな映画となっています。 今すぐ無料で視聴するなら、オススメはmusic.jpです。 名前で勘違いされがちですが映画やアニメなどを配信しているサービスで、本来は月額2000円以上のお高いサービスですが、30日間無料トライアル期間があります。なので期間内に「カールじいさんの空飛ぶ家」を視聴すれば1円も費用はかかりません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「カールじいさんの空飛ぶ家」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV × × ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
  「カールじいさんの空飛ぶ家」を配信しているサービスは以下の2つのみ。 ・music.jp ・Amazonプライムビデオ そして、Amazonプライムビデオは有料なので実質的な選択肢はmusic.jp一択です。 どちらも30日間の無料トライアルがあるのですが、視聴にポイント(別料金)が必要。music.jpは登録時にタダでポイントがもらえるのに対し、Amazonプライムビデオは1ポイントももらえません。 なので「カールじいさんの空飛ぶ家」を視聴するならmusic.jp一択です。もちろん余ったポイントを使えば新作映画やアニメ、さらには最新コミックまで楽しめます。30日以内に解約すれば費用ゼロなのでぜひ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「カールじいさんの空飛ぶ家(邦題)」「Up(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「カールじいさんの空飛ぶ家」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000 通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
  music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。 music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。 もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「カールじいさんの空飛ぶ家」のあらすじ

映画館で、白黒の画面を食い入るように見つめる少年カール。 画面の中の冒険家チャールズ・マンツは自ら飛行船を設計し、その船で世界を旅していきます。チャールズの飛行船の最大の特徴は、ワンちゃんが快適に過ごせる空間が備え付けられていること。 チャールズは、南アメリカ大陸にある手つかずの秘境、パラダイスの滝にもおもむいて映像を収めることに成功。さらにパラダイスの滝にのみ生息する巨大な怪鳥の姿をした骨を国に持ち帰ります。 ですが、科学者はその骨が偽者だと断定し、チャールズは冒険者協会の資格をはく奪されることとなりました。彼はパラダイスの滝をもう一度訪れ、怪鳥を生け捕りにして持ち帰ると宣言しまた旅立っていったのです。 チャールズ・マンツは憧れでした。 少年カールだけではなく、近所に済むエリーという少女にとっても。 エリーは空き家で一人冒険家ごっこをしていて、家の前を通りかかった少年カールは冒険クラブに歓迎され、瓶の栓で作ったバッジを授かりました。 とても快活な彼女は、シャイなカールをいつも引っ張ります。エリーは秘密の冒険ブックをカールに見せながら、いつかチャールズ・マンツと同じく南アメリカへ行き、パラダイスの滝の上に家を建てるのだと自分の夢を語ります。 と言っても冒険ブックはまだ真っ白。これからの冒険で埋めていく予定です。 「飛行機でパラダイスの滝に連れて行ってね」 エリーはカールになかば強制的に約束をさせます。無口なカールと元気なエリーにしだいに惹かれ合い、大人になった二人は結婚式を挙げたのです。 2人の家は、かつて冒険ごっこで使っていた空き家。 そこを改築して夢の一軒家を作り、二人は動物園に就職。カールは風船を売り、エリーはガイドとして働いていました。 休日は二人でピクニックに出かけ、丘の上に寝転んで空をみながら、雲の形をカメに見立てたり、ゾウに見立てたり。ある日その雲が赤ちゃんに見えた二人は、子どもがほしくなりました。ですが、残念ながら二人には子どもができませんでした。 落ち込んだエリーを見て、カールは子供の頃に二人で語り合った夢の話をエリーに思い出させました。パラダイスの滝です。パラダイスの滝へ行くために、二人は頑張って貯金を始めます。 が、貯金はカンタンに貯まりません。 気がつけば白髪のおじいさんとおばあさんに。ある日カールは、二人の夢であるパラダイスの滝に行きそびれていることを忙しい生活のなかで思い出しました。 パラダイスの滝のある南アメリカへの航空券を購入したカール。 いつものピクニックの丘でエリーにサプライズで渡そうと計画していました。ですが、丘の途中でエリーは倒れて入院してしまったのです。 エリーは病床でカールに、秘密の冒険の本を託して天国へ。カールは風船をたくさん膨らませて、エリーの葬儀を飾りました。 月日が経ち、一人寂しく暮らしてきたカールは年老いた偏屈じいさんと化していました。同じ家に住み、同じ毎日を過ごし、何の変化もない日常。 カール家の周りは高層ビルの建築ラッシュで、この家だけが取り残されていきます。 郵便受けには老人ホームへの招待状が入っていました。 ビルのオーナーはカールの所有する土地がほしくてたまりません。でも、エリーとの思い出がたくさん詰まった家を断固として手放したくないのです。 そんな老人カールの家に、ある日突然少年ラッセルが訪れます。 ラッセルは自然探検隊に所属していて、今回は老人を助けるミッションを成功させなければいけません。なんでも手伝うと申し出るラッセルに対し、カールは門前払い。 老人を助けるバッジ以外をすでにゲットしているラッセル。今回は何が何でも老人を助けて最後のバッジを手に入れ、上級会員に昇給したいと話します。 カールはラッセルを追い払うため、「大きいシギが庭のツツジを食い荒らすから捕まえてほしい」とウソをつきました。ラッセルは喜び、カールの言葉を信じてシギを探しに家の外へ。カールはラッセルを追い払うことに成功しました。 一難去ったかと思いきや、今度は建設会社が庭にある郵便受けを重機で倒してしまったのです。エリーと一緒に設置した郵便受けを倒されたカールはカンカンに怒って作業者を杖で殴ってしまいます。 …が、やりすぎました。 作業者はその場に倒れて頭から血を流し、裁判になってしまいます。 カールは法廷に呼び出され、土地の引き渡しと老人ホームへの入居が決定。 老人ホームのお迎えは明朝です。どうしても家を手放したくないカールは、一晩で風船を大量に膨らまし、家ごと飛び立つ計画を立てました。 そして翌朝。 カールとエリーの家は大量の風船によって浮かび、土台を引き離して水道管を引きちぎりました。煙突の上から大量の風船が飛び出した家が住宅街の上を通り、ビルのスキマを横切っていきます。 カールは帆を張り家の中から操縦。安定飛行に入りホッとしていると、玄関をノックする音が聞こえました。雲の上なのに? 玄関を扉を開けると、そこには昨日の少年ラッセルが壁に必死で張り付いていました。ずっとシギを探していたのだと言います。カールはしかたなく、ラッセルを家の中に招き入れました。 ラッセルはカールの断りもなく勝手に冒険の本を触ったり、エリーの写真を見て笑ったり、操縦桿をいじったりとやりたい放題。 そうこうしてるうちに、カールじいさんの空飛ぶ家は積乱雲の中へと吸い込まれてしまいました。家はガッタンガッタンと揺れ、食器は棚から落ち、荒れ狂う嵐の中をさまよい続けます。 眠りから覚めたカール。 嵐は過ぎ去っていました。 ラッセルが父からもらったというGPSを頼りに一人で操縦していました。そして彼は「今は南アメリカにいるよ」と言います。 ほんの数十分眠っている間にアフリカに着くわけがない…と思っていたカールでしたが、徐々に高度を下げて地表へ降ります…風船を切り落としていくので、ほぼ落下みたいなものですが。 案の定、家は地面に打ち付けられてしまいます。 ですが、2人を取り囲む霧が晴れた時、目の前にはエリーとカールが夢にまで見たパラダイスの滝が目の前にありました。2人は家と身体を結び付けて、パラダイスの滝まで歩くと決意。 一方、色鮮やかで大きな怪鳥が複数の凶暴な犬に追われていました。 家を運ぶカールとラッセルが犬たちに気づかずに近づくと、犬たちはなぜか逃げていきました。カールの耳に付けている補聴器の調子が悪く、キンキンと鳴ったその音を嫌がって逃げて行ったのです。 家を木にくくりつけて、ラッセルはトイレへ。すると近くに大きな鳥の足跡があるのを見つけました。ラッセルは、カールの探していたシギだと思い足跡をたどりました。 足跡が途中で消えていたため、立ち止まってポケットに潜ませていたチョコレートを食べ始めました。すると大きな怪鳥がチョコレートをついばみ始めたため、ラッセルはカールの元へシギを見つけたと言って連れて行きました。 怪鳥を見たカールは慌てて、ラッセルと危なそうな大きな鳥とを引き離そうとしますが、怪鳥はカールに威嚇してラッセルと遊び始めたのです。 ラッセルは鳥をケヴィンと名付ることにします。 ケヴィンはしばらくついて来ましたが、霧の向こうからの「こんにちは」という声に反応して逃げてきます。二人は声のするほうへ歩いて行くと、犬が出現。よくしつけされ、お利口なしゃべる犬です。 実際には人と話せる首輪を付けた犬でした。犬はダグと名乗り、大きな鳥を探しているのだと話します。 カールとラッセルとダグの元にケヴィンが現れて、鳥が犬に馬乗りに。 この鳥を探していたんだ、と犬のダグが話します。こっそりと他の犬たちに、鳥を捕まえたと映像を送り、他の犬たちはダグの元へ走り出しました。 ちなみに、カールの家の風船のヘリウムが持つのは残り3日。それまでにカールはパラダイスの滝へ家を運ばなければいけませんが、怪鳥や犬が邪魔をしてなかなか前に進めずにいました。  

「カールじいさんの空飛ぶ家」のネタバレ

辺りは暗くなり、すっかり夜に。 雨も降る中、浮かぶ家の下で雨宿りし一夜をそこで過ごすことになりました。 そこで、少年ラッセルはキャンプは今回が初めてなのだとカールに打ち明けます。 ラッセルのお父さんはいつも仕事で忙しく家にいることが少ないため、テントの張り方も教わったことがありません。家にいる継母には「仕事の邪魔になるからお父さんにあまり電話しちゃだめ」とも言われています。 ラッセルは、お年寄りを助けたバッジをゲット出来たら、その時はお父さんがバッジの授与式に参加する約束をしているんだと嬉しそうに話しました。 だからこそ、彼はあんなにも必死にバッジを欲しがっていたのです。 夜が明けると、鳥のケヴィンは浮かぶ家の屋根に上って鳴きました。 すると、遠くのほうからケヴィンに応えるように鳥の鳴き声が。犬のダグの情報によると、ケヴィンはメスで子供がいるそうです。 ですが、ケヴィンが何かを察知して逃げると、複数の犬たちが来てカールとラッセルを囲んで吠え始めました。二人は仕方なく犬についていくしかありませんでした。 着いた先には、なんとカールが子供の頃に憧れたあのチャールズ・マンツが! チャールズは、カールの浮かぶ家を見て「家に乗ってここまできたのか!これは見たことがない」と大爆笑。年甲斐もなくカールも大喜びします。 チャールズは、カールが鳥を狙う侵略者だと思っていましたが、それは誤解だったとわかり、犬たちにゲストとして迎え入れるように指示。さらに2人を飛行船に招き入れました。 船内では、犬が掃除をしたり、シャンパンをグラスに注いだり、料理を作ったりしていました。チャールズは汚名を晴らすために、長年怪鳥を追い続けてきたと語ります。 チャールズが怪鳥の大きな骨の標本を2人に見せます。 「ケヴィンにそっくりだ。彼女はチョコレートが好きなんだ」と口走ったラッセル。するとチャールズの態度は急変し、やはり鳥を狙う侵略者だと思われてしまいます。 部屋にはたくさんのヘルメットが飾られています。過去にチャールズに敵とみなされた侵略者たちのヘルメットです。チャールズは一つ一つ床に落としながら彼らの末路を話し、カールを脅迫。 カールは提供された食事に手をつけないままラッセルを強引に立たせ、「そろそろ帰ります」と申し出ました。すると、浮かぶ家の天井に潜んでいたケヴィンが大きな声で鳴きました。 しかし、追いかけるチャールズ。 逃げるカールたちを犬に追いかけさせました。カールが家を背負って走っていると、後ろから大量の犬たちが吠えながら追いかけてきます。 ケヴィンは二人を背中に乗せて走ってくれ、ダグは崖の上から岩を転がし犬たちの進路を妨害してくれました。行き止まりの崖で急停止すると、カールの家が全員を持ち上げて崖を飛び越えることができたのです。 止まれなかった犬たちは崖から転落。崖を飛び越える間際に犬のリーダーがケヴィンの足に噛みつき、ケヴィンは怪我を負ってしまいました。 風船のタイムリミットも近づいていて、先を急がねばなりません。 …が、カールはケヴィンを子供のいる巣まで送ってあげることを決断しました。 犬たちが追ってこないと安心していましたが、巣にたどり着く寸前でチャールズの乗った飛行船が登場。ダグの首輪についたGPSの情報を頼りに追いかけてきたのです。 カールは家を燃やされそうになり、その間にケヴィンは捕虜に。 ラッセルは、ケヴィンを助けられなかったカールを責めますが、「知ったこっちゃない!」と怒り、続けてダグに向かって「お前のせいだ!悪い犬だ!」と怒鳴りました。 カールは一人で朝まで家を引っ張って歩き続け、やっとのことでパラダイスの滝のそばに。エリーとカールが夢見た家の出来上がりです。家に入ったカールは、めちゃくちゃになった家の中からエリーの冒険の本を見つけ出しました。 冒険の本には、今まで気づかなかったエリーからのメッセージが。そこには「旅を続けて」と書かれていました。家を出てラッセルを探そうとしたところ、屋根の上からラッセルが体に風船を巻きつけて「ケヴィンを助ける」と言い放ち、空へ飛んで行ってしまいました。 カールは家からすべての物を投げ捨て、軽くなった家はまた空へと飛び立ちました。すると、玄関を叩く音が聞こえます。ここは空の上です。 ドアを開けると、そこにはダグがいて「あなたが大好きだからずっと近くで隠れていました。ここにいてもいいですか」とカールに尋ねます。カールは「お前は私の愛犬だ」と答えました。 ラッセルはチャールズに捕まり、飛行船から落とされる寸前で家に乗ったカールに助けられました。警備にあたっている犬たちに、杖についたテニスボールを投げて追い払います。その間にケヴィンは檻から脱出。 待ち構えていたチャールズは剣でカールを襲いますが、カールは入れ歯を飛ばしてチャールズの顔に当て、なんとかその場を切り抜けます。チャールズは拳銃を発砲しながら飛行船に乗っていた家まで追いかけてきました。 家の中に入ったチャールズですが、ジャンプして飛行船に戻ろうとしたタイミングで風船が足に巻き付き、地上へと落ちていきました。家もまた飛行船から滑り落ちて高度を落としていき、雲の中へと消えていきました。 みんなでケヴィンを巣に送りました。ケヴィンは無事子供たちに再会。カールとラッセルとダグはケヴィンにお別れを言い、チャールズの飛行船に乗って家に帰りました。 バッジの授与式にラッセルのお父さんは来ませんでしたが、代わりにカールが出席。「お年寄りを助け、しかも予想以上の立派な働きをした」と言い、エリーの冒険クラブのバッジをラッセルにあげて大喜び。 壮大なパラダイスの滝の横には、カールとエリーの家がひっそりと佇んでいました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です