映画「俺たちは天使じゃない」のネタバレとフル動画を無料視聴

5 min
映画「俺たちは天使じゃない」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 ちょっと古い映画なので違法動画サイトにアップされていないのはもちろん、DVDレンタルでも置いていないことも多いですが、有料の動画配信サービスであればすぐに視聴可能。 また、月額制と言っても無料トライアル期間内に「俺たちは天使じゃない」を視聴&解約してしまえば費用ゼロ。「安全に」「高画質で」「今すぐに」映画を楽しめるのでぜひ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「俺たちは天使じゃない」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年1月28日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)   「俺たちは天使じゃない」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオだけは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので、無料トライアル期間内に視聴可能なのはmusic.jp、U-NEXT、TSUTAYA TVの3つ。 この中でも過去に登録した事があるサービスは無料トライアルが適用されないので注意してください。もしどれでも選べるなら、一番オススメなのはTSUTAYA TVですね。 まずツタヤが運営するサービスなので安心感が違いますし、U-NEXTと比較してタダでもらえるポイントが多く、music.jpと比較してポイント不要で見れる動画の数が多いです。まずは30日間の無料お試しを利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「俺たちは天使じゃない(邦題)」「we’re no angels(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「俺たちは天使じゃない」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「俺たちは天使じゃない」のあらすじ

カナダとの国境付近のアメリカのとある刑務所。 殺人の罪で捕まっていたボビーは、電気椅子の実験台として死刑を執行されるところでした。ですがその直前に、隠し持っていた銃で刑務官を殺害。 たまたま近くにいた囚人ネッドとジムを、半ば強引に引き連れ、出口を探します。3人は刑務所から脱出。ネッドとジムは一緒に逃走しましたが、ボビーは一人でどこかへ逃げ去ってしまいました。 二人は平原の岩陰で朝を迎えました。道路は雪に覆われています。 近くを通りかかった車に助けを求めた二人でしたが、運転していた老婦人に猟銃を突きつけられます。 ジムはここにたどり着く前、聖書の一部が書かれた張り紙があったことを思いだし、呟きました。 「旅人には親切にしなければならない。」 それを聞いた老婦人は、二人が神父だと勝手に解釈したようです。幸運なことにも二人を町まで送ってくれました。 その町はカナダとの国境となる橋がある町。 カナダに行くことが出来れば刑務所の追跡も及びません。晴れて自由の身です。 二人は「このあとカナダに買い物に行く」と言う老婦人に同行し、橋を渡ろうと試みます。まもなくカナダ、というところで老婦人はすれ違ったある人物に声を掛け、二人と引き合わせました。 その人物は町の修道院の院長でした。院に訪れる予定だった神父の到着が遅れており、探していたのです。神父だと「思われている」二人は院長に連れられ、町に逆戻りになってしまいました。 すでに町では、刑務官が脱獄した3人の行方を捜しています。ネッドは、いつ見つかるかと不安でしょうがありません。 「障害を持つものが、マリア像を乗せた山車とともにカナダの修道院を訪れ、そこで神の奇跡を見せるお祭りがある。」院長からそんなことを聞かされたネッドは、いいアイデアをひらめきます。 そのお祭りに紛れ込み、カナダへ行ってしまえば…と。しかしお祭りには参加条件があり、障害を持つ子を一人引き連れていかなければいけません。 ネッドは、身体を売って生計を立てているモリーという女性とひょんなことから知り合いになっていました。彼女には、耳も聞こえず、話もできない娘がいます。 その子をお祭りに参加させたいとモリーに頼みこみます。モリーは神の奇跡で娘がよくなるとは思っていませんが、お金をくれるなら娘を預けてもいいと納得してくれました。 お祭りの当日、修道院に寄せられる寄付金を盗もうとネッドとジムが手分けして駆け回る中、銃声が町中に響きわたります。 「銃を盗もうとした脱獄犯が撃たれた。」 町人がそう話すのを聴いたネッドはジムのことを心配し、発砲のあった雑貨屋に慌てて向かいます。撃たれたのはジムではなく、行方知れずになっていたボビーでした。ボビーもネッドのことに気づきました。  

「俺たちは天使じゃない」のネタバレ

神父として留置所でボビーに付き添うことになったネッドは、ボビーに脅されます。逃がす手助けをしなければネッドとジムのことをばらす、というのです。 ネッドが町の広場に戻ると、ジムが演説をしています。お祭りの記念として、くじで選ばれた人物が演説を行うことになっており、ジムが選ばれたのです。 信仰とは無縁のジムでしたが、自身の経験をもとに思いのたけを語りました。 「人間は弱い、信仰が慰めになるなら神を信じなさい。」 そう締めた演説に誰もが心を動かされたようです。 ネッドは、ジムの演説に聞き入る刑務官のスキをついて、留置所の牢屋のカギを手に入れ、ボビーを逃がしました。ボビーはマリア像の山車に隠れます。 ジムと合流したネッドのもとにモリーが現れます。ネッドはお金を集められなかったことをモリーに伝えますが、モリーはお金はいらない、娘を同行させてほしいと言います。ジムの演説を聞き、神の奇跡を信じてみたくなったと。 お祭りが始まり、マリア像が乗った山車と人々が行進を始めました。 町ではボビーが逃げたことが分かり、刑務官や保安官があわただしく動いています。マリア像のマントに隠れていたボビーは騒ぎに危険を感じたのか、姿を現し発砲。 近くを行進していたモリーの娘を捕まえ、人質に取りました。ジムはとっさにボビーに殴りかかり、無防備になったボビーは刑務官に撃ち殺されてしまいます。 モリーの娘は、マリア像とともに橋の下に落ちてしまいました。娘を助けようと走り寄るモリーは、刑務官に引き留められています。その姿を見たネッドは決意し、川へ飛び込みました。 ネッドは水中で子供を抱きしめますが、流れが速く、二人とも溺れてしまいそうです。しかし運よく近くに流れ着いたマリア像が浮き輪になり、二人とも助かったのです! 下流の川岸で、ネッドとモリーの娘は引き上げられました。 モリーの娘がうめき声を発しています 言葉が出せるようになったのです!! しかも何かを語ろうとしています。少女はネッドを指さし、「その人、脱獄犯」と、たどたどしくしゃべりました。町中に貼ってあった脱獄犯の似顔絵を覚えていたのです。 もうだましようがない、そう観念したネッドとジムは、自分たちが脱獄犯であることを皆がいる前で告白しました。「神は許したもう。」そう院長が言いました。そう、二人は許されたのです。 ネッドとジムは、カナダ国境の橋を歩いています。もうすぐカナダ国境です。 モリーが娘を肩に抱き、やってきました。ネッドに感謝の言葉を述べ、「神の奇跡を目の当たりにし感動した、修道院に入ろうと思っている。」それを聞いたネッドは、それに同意すべきか迷っています。その様子を見たモリーは、「ほかになにかいいことある?」と尋ねますが、ネッドは歩きながら考え込んでいます。 ネッドとモリーを横目で見ていたジムはふいに立ち止まり、修道院を見つめています。信仰に目覚めた彼は、修道院へ戻るつもりのようです。ネッドは引き止めません。二人は片手をあげ別れを告げました。 ジムが修道院に戻るのを見送ったネッドは、さっきの質問に、にこやかに答えます。 「ありそうだ、あると思うよ」 ネッドとモリーと、モリーの娘の3人は、国境の橋を渡り切り、なおも歩き続けます。ネッドは、モリーの肩を優しく抱いています。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です