ワイルド・スピード EURO MISSIONのフル動画を無料視聴【字幕&吹替】

映画「ワイルドスピード EURO MISSION(ワイルド・スピード6)」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

視聴にオススメなのは、ワイルドスピードのその他のシリーズも配信されていて、無料トライアル期間も31日間と長いU-NEXT。

登録には住所などの入力が必要ないほどカンタンですし、解約もTOPページから5クリックで終わるので、ぜひ気軽に試してワイルドスピードの映画を楽しんでください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「ワイルドスピード EURO MISSION」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題 字・吹
hulu 見放題
dTV 見放題 字・吹
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
 

「ワイルドスピード EURO MISSION」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・U-NEXT
・TSUTAYA TV
・Hulu
・dTV
・Netflix
・Amazonプライム
・music.jp



ただし、AmazonビデオとNetflixは実質有料な点に注意です。

アマゾンプライムビデオは視聴にポイント(別料金)が必要かつタダでもらえるポイントもない。Netflixは唯一無料トライアルがないため、登録直後から月額料金が発生するためですね。


新しく1つ登録するなら、オススメはU-NEXT。

無料トライアル期間も他のサービスと比べてももっとも長く、配信されている映画やアニメも非常に多く合計14万作品。どれだけ楽しんでも、31日のお試し期間内に解約してしまえば1円も費用はかかりません。

また、U-NEXTは他のワイルド・スピードシリーズもすべて配信されています。もちろん字幕や吹替を選ぶことも可能なので、今すぐ高画質でワイルド・スピードを楽しんでみてください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「ワイルドスピード EURO MISSION(邦題)」「wild speed EURO MISSION(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ワイルドスピード EURO MISSION」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

 
おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ワイルドスピード EURO MISSION」のキャストと登場人物

キャスト一覧
ドミニク・トレット(メインキャラ 以下トレット)
トレットの仲間(家族)
レティ・オルティス(トレッドの恋人 以下レティ)
ルーク・ホブス(警察官 以下ホブス)
ブライアン・オコナー(元警察官 以下ブライアン)
ハン・ルー (以下ハン)
ローマン・ピアース (以下ローマン)
テズ・パーカー (以下テズ)

「ワイルドスピード EURO MISSION」のあらすじ


過去作(MEGA MAX)で死んだはずのレティ。

ですが、レティは生きていました。しかも犯罪組織の一員として活動していたのです。


それを知り合いの警察官ホブスから聞いた主人公のトレットは、ホブスに犯罪組織のボスを捕まえて欲しいと依頼されます。

トレットは家族(ブライアンなどの仲間)を招集しボスを捕まえる事、レティを取り戻す事を仲間に伝え急速に展開。

レティのいる犯罪組織のボスは元軍人で結果が全ての人間、反してトレットは家族の絆を重視する人間です。まったく考え方が異なる2つの組織がぶつかろうとしていました。

 

「ワイルドスピード EURO MISSION」のネタバレ


ホブスから伝えられたのはレティの情報だけではありませんでした。

どうやらレティのいる犯罪組織は一定の地域の通信を遮断する技術を作成しているとのこと。また、そのために必要なパーツを各地から強奪しているようです。

そして、残る一つのパーツが盗まれると通信遮断装置が完成してしまうとも。


阻止するべく、トレット達は警官達とアジトに突入する計画を立てます。

しかしその行動は読まれており、逆に手薄になった警察本部から最後のパーツの場所情報が盗まれてしまうのです。


一方で、アジトからは敵のボスが逃げようとしており、トレットは追撃します。ところが死んだと思われていたレティが現れ妨害。

「なぜ、こんな犯罪に加担しているんだ!?」

と問い詰めるトレットですが、レティは何も答えずトレットを銃撃。ですが、ボスとレティの会話から、彼女は記憶を失っていることに気づきます。


敵に逃げられてしまったトレット達。

なんとか少ない手がかりから情報を集めようとします。ハンとローマンは車の改造屋の情報を、ホブスは監視カメラの情報を、ブライアンは犯罪組織が手を組んでいる相手の所へ。

そしてトレットはレティの元へ。


昔からの付き合いなので彼女が街中のドラックレース(カーレース)に参加することが読めていたのです。そこでカーレースを持ちかけ勝負しそこで自分の想いを打ち明けます。

「走っていた君も、今見ている君も昔のままだ」

レティは戸惑いながら去ってしまいました。


その頃、仲間たちも着実に情報を集めることに成功していました。そして、どうやら「とある基地」からパーツが盗まれるのではないか?と突き止めます。

ホブスがそこからパーツを移すように指示し移送されますが、そこを襲撃されてしまい一度は相手の手中に。ですが激しいカーチェイスの末に今度は捉える事に成功します。


その際、トレットはレティを危機から命がけで守ります。

まずは、彼女の心だけでも取り戻すことができました。


しかし敵のボスはパーツを奪って逃走しており、飛行機で逃げようとします。最後はそれを阻止することに成功し、レティと日常を取り戻すことができたのです。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です