映画「ワイルドスピード ICE BREAK」のフル動画を無料視聴【openload】

1 min

映画「ワイルドスピード ICE BREAK」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ワイルド・スピードシリーズは人気作ゆえに視聴にポイント(別料金)が必要な配信サービスも多く、シリーズ全作品を無料期間に見れるサービスは存在しません。

ですが、U-nextなら初代~EURO MISSIONは見放題。さらに登録時にタダでもらえるポイントを使えば、「ICE BREAK」も視聴可能です。登録後すぐに視聴できるので試してみてください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「ワイルドスピード ICE BREAK」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 330ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント 字・吹
Hulu × ×
dTV 見放題 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 440ポイント 字・吹
※2020年2月28日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「ワイルドスピード ICE BREAK」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・U-NEXT
・TUTAYA TV
・dTV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp



ただ、Amazonプライムビデオだけは有料なので注意してください。

30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。


なので、オススメはそれ以外のサービス。

新しく1つ登録するならU-NEXTが便利です。


無料トライアル期間が31日間と他と比べて最長なのもありますし、月額料金が1990円と少々お高めな代わりに、見放題作品が非常に豊富で、無料お試しでは全然楽しみきれないくらいには膨大な作品があります。

もちろん無料期間内にワイルド・スピードICE BREAKを視聴して、解約してしまえば1円も費用は発生しないので月額料金の高さもあまりリスクにならないですしね。利用してみて、気に入れば継続してみればOKです。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「ワイルドスピード ICE BREAK(邦題)」「wildspeed ICE BREAK(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ワイルドスピード ICE BREAK」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

 
おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ワイルドスピード ICE BREAK」のあらすじ


車好きにはたまらない、クラシックカーが街にあふれるキューバ。ドミニク(ヴィン・ディーゼル)は恋人のレティ(ミシェル・ロドリゲス)とバカンスを楽しんでいました。


ある日、従弟のフェルナンドが車を失いそうになります。

貸金業のラルドに、借金の形として持っていかれそうだったのです。ドミニクは「レース」を申し込み買ったら車の没収はしないことを約束。


ですが、フェルナンドの車はポンコツ。

スペックは明らかにラルドのほうが上。しかもレース途中では卑劣な手で妨害まで受けますが、それでもこれまで培ってきたドライビングスキルで勝利します。

ドミニクは勝ちましたが、ラルドから車を奪うことはせず、問題の元のフェルナンドにも、自分が乗って来た車を与えてやります。レースを見ていた大勢のギャラリーは、仲直りをしたドミニク達に拍手喝采を送りました。


ある朝、買い物に行ったドミニクの前。

そこへサイファー(シャーリーズ・セロン)が現れ自分の部下になれと言います。

断るドミニクに彼女がスマホを見せると、急に表情を変え、声もないドミニク。サイファーは「ファミリーには内密に」とクギを刺し去っていきました。


その頃、捜査官ホブスは娘の所属しているサッカーチームのコーチをしていました。ですが、わざわざ試合場まで外交保安部がやってきて、ホブスに指令を伝えます。

街を停電に陥れ、機能をストップさせる可能性のある「大量破壊兵器」として扱われているEMP(電磁パルス兵器)が、ベルリンの反体制派の武闘派組織に奪われたため、それを奪還して欲しい、と。

寂しがる娘に後ろ髪をひかれながらホブスは、もはや腐れ縁となったドミニクファミリー達と共にベルリンに赴きました。


ですが、どうもドミニクの様子がいつもと違います。

レティは気づいて声をかけるものの「全て終わったら話す」としか答えないドミニク。保安部から依頼された任務は無事に遂行されたかのように見えました。


しかし、ドミニクがいきなりホブスの車に体当たりして横転させます!

さらにEMPを奪ってひとり逃走。EMPを積んだ車ごとサイファーの自家用ジェットに乗り込み、そのまま飛び去ってしまいました。


「任務失敗」となったホブスは逮捕。

また、ドミニクの明らかな裏切り行為に、彼を信じていたファミリーのメンバーも苦々しい表情をしています。もはやドミニクを信じているのはレティ1人でした。


ホブスが収監されたのは、前回のミッションで投獄されたデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)のいる収容所。

ホブスは元々逃げるつもりはないのに、ミスター・ノーバディ(カート・ラッセル)に強引に誘導され、乱闘騒ぎに紛れてデッカードと共に脱獄。

先に連行されてきていたファミリー達とEMP奪還作戦に参加することになります。ファミリーのメンバーは、レティ、ローマン、ラムジー、テズ。


また、ホブスはサイファーと組んでいるのがドミニクであることも知ります。

ドミニク(以降ドム)を追跡し、捕獲して、なぜ裏切ったのかを追及しろと。そこにデッカードも合流し、ホブスと反目しながらも、全員協力して任務を遂行することになってしまいます。


サイファーはかつてから名の知れたサイーバーテロリストで、痕跡を残さず何でもハッキングが可能。その腕は世界一とも言われるほど。

そして、実はデッカードと彼の弟・オーウェン(ルーク・エヴァンス)も利用され、ひどい目に合わされていた過去がありました。


ファミリー達は作戦を模索、ローマンの提案で「神の目」を使うことにします。

「神の目」とは、ラムジーが開発した、ネット上に接続された世界中のあらゆるカメラ装置を遠隔操作し、目的の人物を追跡監視できるシステム。


しかし、既にサイファーは手をまわし、「神の目」を使えないように細工していました。

ラムジー達はその裏をかき、逆探知してドムの居場所を突き止めました。


が、その場所は、ここ。

皆が揃っている、現在地。


次の瞬間、大きな爆発音が!!

サイファーの放ったグレネード弾のせいで脳震盪を起こしている間に、サイファーとドムが侵入してきて「神の目」のチップを奪っていきました。

2人は去り際にわざわざ、レティの前でキスをし、出ていくのでした。


ジェット機に戻ったドムはサイファーに反抗。

しかし機内に作られたガラス張りの部屋には、ドムと過去に恋人関係にあったエレナと、ドムの間に生まれた男の子・マルコスが人質として、軟禁されていました。

ドムはマルコスが生まれたことを知らず、驚きます。そしてエレナに「あなたにファーストネームを付けて欲しい。そしてこの子だけは守って」と頼まれます。


サイファーたちは次に、ニューヨークで米国防長官の車に乗っているロシア国防大臣を襲撃し、核ミサイルの発射コードが入ったスーツケースを奪うことを計画していました。

もちろん車で襲撃をするのはドミニクです。


ファミリー達も既にニューヨークに来ていました。
魚市場の裏にある新基地・通称「トイショップ」というエージェンシー用のガレージに案内されます。そこには、ありとあらゆる高級車、戦車までがそろっているのです。

ドムを捕獲するためには最高の車が必要と考えるミスター・ノーバディのおかげで、ファミリーはそれぞれ気に入った車を選び、ドムを追うことになりました。


ロシア国防大臣襲撃の任務の途中、ドムはエンジンの調子が悪いとサイファーに嘘をつき、5分だけ時間を作ります。

車のボンネットを開け、監視するカメラの死角を利用し、デッカードの母のマグダレーナ・ショウ(ヘレン・ミレン)と会っていました。


5分後ドミニクは何事もなかったかのように、サイファーの計画通りに事を進めます。サイファーは半径10キロ内にあった車の自動運転システムをハッキング。

あちこちで事故を起こさせ、ロシア国防大臣の乗る車を足止め、ドムが核ミサイルの発射コードの入ったスーツケースを奪うことに成功します。

ファミリー達は警察の無線を傍受し、そこからドムの居所を突き止め後を追います。


サイファーとの合流地点に向かうドムの乗った車と、ファミリー達の車が正面から向かい合う事になります。

激しいカーチェイスの末、5台の車でワイヤーを打ち込み、ドムの車を動けなくしましたが馬力で押し切られ、車は大破。走って追いかけるデッカードに、ドムが発砲します。

その隙にレティが横からスーツケースを奪いとり、路地裏に逃げ込みました。サイファーの部下のローズが現れ、レティを殺そうとしますが、ドムが割って入り、諦めたレティはローズにスーツケースを渡してしまいます。

レティを残し、2人は立ち去っていきました。


皆が「トイショップ」に戻ると、デッカードは助からなかったという事でした。

レティはサイファーの部下のローズの顔を見て、ドムが過去にサイファーの仕事を2度潰していたことに気が付きます。

そしてサイファーの次の狙いはロシアも手を出せずにいるウラドビンの軍事施設か、原子力潜水艦にあると考えました。ローズを脅し、レティを無傷で逃がした罰として、サイファーの命によりローズはエレナを射殺します。

 

「ワイルドスピード ICE BREAK」のネタバレ


サイファーの最終計画はウラドビンにあるロシアの原子力潜水艦を強奪することでした。
原子力潜水艦に装備された核ミサイルを、超大国に撃ち込むことで世界を支配しようと考えていました。


ドムもファミリー達も極寒のウラドビンに集結。

ファミリー達は戦闘高速車両を準備し、サイファーたちを迎え撃つことにしました。

ドムの到着を待ち伏せるファミリー達、ドムはEMPを使い軍事施設のゲートを開け内部に侵入すると、原子力潜水艦の真上に到着します。サイファーは潜水艦のハッキングに成功。


軍事施設に侵入したラムジーとサイファーとのハッキング合戦がはじまりますが、サイファー側の勝利でした。

潜水艦を乗っ取ったサイファーは核ミサイルを起動させました。発射までのカウントダウンか始まります。しかし既に潜水艦に乗り込んだホブス達がチップを抜き取り、発射をギリギリで阻止、脱出に成功します。

奪われた潜水艦が、サイファーの操作で外洋に出るのを阻止する作戦として、ゲートを封鎖することになります。しかし、元々潜水艦を所持していた武装勢力が、ファミリー達を追ってきます。

武装勢力の数は多く、少しずつ追い詰められていくファミリー達。


その頃、海洋に潜水艦を出そうとしているサイファーのジェット機内には、ドムに撃たれ死んだはずのデッカードとその弟が侵入していました。

デッカードは母親のマグダレーナ・ショウに回収されていたのです!ドミニクとマグダレーナの作戦でした。弟と2人で実行しろと、母に言われ断れないデッカードは渋々、引き受けたのです。

ドムの息子を無事救い出したとデッカードから連絡が来た途端、我慢の限界にきていたドムは、監視のためにドムの車に同乗していたローズを殺害します。


サイファーは潜水艦を操り、積んであった熱感知ミサイルを使い、ファミリー達を狙いますが、ドムは仲間をかばい自分の車を割込ませ、ミサイルが潜水艦に当たるように誘導。

潜水艦にドムの車を追ったミサイルが到達し、大爆発が起こり、ドムが炎にまかれる直前にファミリー達がかけつけ、彼を救助します。もう一度、ファミリーが集結しました。

デッカードはサイファーを追い詰めますが、パラシュートで脱出され、取り逃がしてしまいました。彼女はアテネに逃亡したようでした。


サイファーの計画阻止に成功したドミニク達は、いつものように任務終了後、ニューヨークのビルの屋上でパーティを開いています。デッカードもこの作戦で仲間と認められ、ファミリーに迎えられました。

ドムは、息子のファーストネームに「ブライアン」と名付けたことを全員の前で発表します。ブライアンはドム達ファミリーの一員となったのでした。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です