映画ワイルドスピード スーパーコンボのフル動画を無料視聴【openload】

1 min

映画「ワイルドスピード スーパーコンボ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

手っ取り早く視聴したいなら、違法動画サイトを漁るよりも、VODサービスU-NEXTを使うのがオススメ。31日間の無料トライアルを使って今すぐ高画質で視聴が可能です。

また、U-NEXTの運営は大手音楽配信のUSENなので安心感もバツグン!解約自体もメールや電話も不要でカンタンなので、ぜひ今すぐワイルドスピード スーパーコンボを視聴してみてください

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「ワイルドスピード スーパーコンボ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 440ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント 字・吹
Hulu × ×
dTV 400ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 399ポイント 字・吹
music.jp 440ポイント 字・吹
※2020年2月28日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)

 

「ワイルドスピード スーパーコンボ」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・U-NEXT
・TSUTAYA TV
・dTV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp



ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。

どちらも30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。


無料で「スーパーコンボ」視聴が可能なのはU-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpの3つ。

なかでもオススメなのはU-NEXTで、字幕と吹替どちらも配信されていますし、さらに無料トライアル期間も31日間と最長。またその他のワイルドスピードシリーズも配信されています。

登録自体もすごくカンタンで3分あれば終わりますし、今すぐに高画質でワイルドスピード スーパーコンボを楽しんでみて下さい。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「ワイルドスピード スーパーコンボ(邦題)」「wild speed super combo(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ワイルドスピード スーパーコンボ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

 
おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ワイルドスピード スーパーコンボ」のあらすじ


このストーリーの主役は2人の男性。

ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。


ルーク・ホブスはロサンゼルスで1人娘のサムと暮らす元FBI特別捜査官。重量級のマシンを愛する、マッチョでワイルド、正義感の塊のような男です。

娘のサムは学校の宿題で家系図を書いてくるよう言われますが、故郷を捨てたホブス。他の子のように大きな家系図にはなりません。娘から理由を聞かれてもお茶を濁すしかありませんでした。


もうひとりはデッカード・ショウ。

マクラーレン720Sを乗り回し、ロンドンの高級マンションでひとり暮らし。目的のためなら手段を選ばない男で、彼は以前までMI6所属ながら組織を裏切ったと言われています。

またデッカード・ショウの母親のマグダレーン・ショウは(ヘレン・ミレン)刑務所に収監されてますが、本当はいつでも脱獄できる凄腕の元組織のボスでした。

ある日マグダレーンは刑務所に面会にきたショウに、疎遠になっていた妹「ハッティ」との関係を心配しているようでした。


その頃、ロンドン。

MI6のエージェント達がトラックに奇襲をかけていました。

テロ組織が持っている恐ろしい新型ウイルス兵器を奪うためです。なんとそのウイルスは人間を体内から溶かし、死に至らしめるというと言われるほど危険なもの。MI6の女性エージェント、ハッティ(ヴァネッサ・カービー)はウイルス兵器を奪還に成功します。


しかしテロ組織「エテイオン」に所属するブリクストン(イドリス・エルバ)に逆襲され、仲間を全滅。最終手段として自分の身体にウイルスを注入して消息を絶ってしまいました。

襲ってきた男ブリクストンは、MI6を裏切り、過去にショウに殺されたはずだったのですが、エテイオンに助けられ身体を機械化されることで命を長らえていたのです。


謎の組織エテイオンは現代の科学を超えたテクノロジーと莫大な資本を持ち、世界人類を滅ぼしてしまおうと企んでいました。そのためにウイルス兵器を必要としています。

エテイオンが作ったウイルス兵器の使用を阻止するため、アメリカとイギリスの両政府は、手を組んで事に当たると決め、ホブスとショウを組ませることに。ですが、彼らは合い入れない性格同士で、顔を合わせれば嫌味を言い合うような犬猿の仲です


最初、ホブスもショウも依頼を断ります。

しかしウイルスを身体に注入して消えた妹を助けたいショウと、娘や故郷の皆、そして世界を救いたいというホブスの目的は同じです。協力して捜査に当たることになります。

…結局は、バラバラに捜査することになってしまいますが。


まずホブスが先にハッティを捕らえ、CIA秘密組織内で尋問。そこにショウが現れ、2人はハッティが自分の体内にウイルスを保存して逃げていると知ります。

さらにその現場にブリクストンが急襲してきたため、ホブス、ショウ、ハッティの3人は逃亡。エテイオンは既に情報操作をしており、ウイルスをテロの手から守ったハッティを

「MI6の仲間を殺害し、ウイルスを盗んだ女性捜査官」

に仕立て上げて報道させました。

当然、同行するホブスもショウも指名手配になってしまいました。

 

「ワイルドスピード スーパーコンボ」のネタバレ


ハッティが体内に注入したウイルスのタイムリミットは42時間。

42時間を経過すると発症して外界へ拡散を始めてしまいます。ウイルスの拡散を防ぐためには、死んだハッティの遺体を灰にする、または、抽出機でウイルスを取り出すかどちらか。


ウイルス抽出には特別な機械が必要で、それはエテイオンの組織の本部にしかありません。

そこでショウの元恋人で、ロシアの組織の大物マルガリータがハッティを捕まえエテイオンに突き出したことにしてもらい、ハッティの身体に発信機を仕込み、ウイルス抽出機までたどり着こうという作戦に出ます。


その時にはハッティはショウとホブスが助けにくるまでもなく、自分で抽出機を奪って逃げようとしていました。一方で、作戦に失敗したショウとホブスは敵に捕まってしまいます。

ブリクストンはショウへの恨みを生きるパワーにしている男ですが、腕は買っているためショウとホブスをエテイオンに勧誘。当然、ショウもホブスも断りますが、2人に電流を流して拷問をはじめるブリクストン。


隠れて見ていたハッティはブリクストンのスキをつき、自分の拘束をとき、ショウとホブスも開放します。さらに抽出機を奪って逃げますが、途中、大切な抽出機が壊れてしまい絶望するショウとハッティ。


でもホブスにはひとつだけ「心当たり」がありました。

ずっと遠ざかっていた故郷、サモアにいる機械いじりの天才の兄、ジョナです。


サモアにいるホブスの家では、かつては父親が息子たちを指示して盗みをさせ、金を儲ける日々でした。父は「息子たちは命をかけて盗みを働くのが当然」と思っていました。

それに反発して警察官になったホブスだったのですが、サモアの兄弟達は父の悪事もホブスの兄弟を想う気持ちも知らずに、ホブスは故郷を捨てて出て行ったと思っていました。


ショウとハッティを連れ、兄に殴られるのも覚悟でサモアの家を訪れたホブス。

兄達には殴られ拒絶されましたが、母が間を取り持ってくれました。


そして「家族は助け合うのがサモアの誇りだ」と島中の皆も協力してくれ、ブリクストンたちを迎え撃つことになります。島全体を要塞とし、島中のあちこちに罠をしかけて襲来を待ちます。


ホブスは兄のジョナに謝罪、許しを得ます。

疎遠になっていたハッティとショウも会わなかった時間を埋める事ができました。


銃器の数では敵わないと考えたホブス達は、一番手ごわいブリクストン達の「ハイテク銃火器」を6分間無効化することに成功。島民を含めて身体を張っての殴り合いの戦いになります。

ウイルス抽出機の修理も拡散開始までの制限時間ギリギリで間に合い、ハッティが抽出機を自分で背負いながらも戦い、ウイルス抽出が進んで彼女は助かるのかと思ったその時、(抽出機を装着したまま)ブリクストンにヘリで拉致されてしまいます。


今、彼女を救わないとウイルスを取られ、当然ハッティも殺されます。

ヘリを必死に追うホブスとショウはブリクストン達が乗るヘリを墜落させ、2人の見事な連携攻撃で、ほぼ機械人間のブリクストンに勝利します。
そして負けたブリクストンは「失敗作」としてエテイオンに殺処分されてしまいました。


墜落して壊れたヘリの通信機から、エテイオンを名乗る男から2人に挑戦的なメッセージが流れます。

「ホブス、誰かわかるか?また会うことになる、監視しているからな」

ホブスもショウもその声に心当たりがあるのでした。


やがてハッティの身体からウイルスが無事に抽出されました。ホブスは娘のサムを連れてサモアに戻り、母や家族に会わせることができました。

そして、ショウとハッティは揃って刑務所の母に面会に行きます。差し入れのケーキには母の脱獄のための「なにか」が仕掛けられているようでした。


その後、また新しいウイルスについての情報が入ってきます。今度は「内臓」ではなく「皮膚」が溶けるウイルス。CIAのロックという名前の捜査員がホブスに電話で知らせてきました。

敵に撃たれ負傷したかに見えたロックの血は、実は殺した相手の血。自分の血ではないのに、ホブスに「負傷した」と連絡してきたのです。


所代わって、カフェにいるショウにホブスから電話がきます。相変わらず嫌味を言い合う2人、そしてカフェの外にはホブスが通報してために警官が揃っています。

捕まる気などさらさら無いショウは「また会おう」とホブスの電話を切ります。通報したホブスも彼が捕まるなどとは思っていないのですが。
きっと2人は本当にすぐまた会うことになるのでしょう。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です