映画「余命1カ月の花嫁」ネタバレとフル動画視聴&無料配信

1 min
映画「余命1カ月の花嫁」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 2007年(平成19年)5月10日と5月11日にTBS系列の報道番組『イブニング・ファイブ』にて「24歳の末期がん」ドキュメンタリー特集として放送され、2009年に映画が公開。実話を基にした映画です。 冒頭「みなさんに明日があることは奇跡です。」という文字が流れます。 ジュジュの「明日がくるなら」という曲がエンディングテーマで、この曲も人気なので、どんな映画かなんとなくのストーリーは知っている人も多いと思います。 今すぐ視聴するなら、U-NEXTの無料トライアルを使うのが手っ取り早いです。 大手音楽配信USENの運営するサービスで、映画やドラマが合計14万以上配信されています。無料お試し期間内に「余命1ヶ月の花嫁」を視聴&解約すれば、1円もかけずに映画を楽しめます。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「余命1カ月の花嫁」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV × × ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント ×
music.jp × × ×
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)余命1カ月の花嫁」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-next ・アマゾンプライムビデオ ただし、アマゾンプライムビデオは視聴にポイント(別料金)が必要で、登録時にタダでもらえるポイントもないため、実際には無料での視聴はできません。 なので、「余命1ヶ月の花嫁」を無料で視聴するならU-NEXT一択。31日間の無料トライアル期間を利用して視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「余命1カ月の花嫁(邦題)」「yomeiitukagetunohanayome(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「余命1カ月の花嫁」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「余命1カ月の花嫁」のあらすじ

長島千恵はコンパニオンです。 そんな千恵を、イベント会場で自社製品の紹介のコンパニオンと間違え、引っ張って行く赤須太郎。太郎は先輩から怒られ、千恵も遅刻したと会社から怒られてしまいます。 帰りのバスで千恵と太郎は一緒になりました。「怒られたでしょ?」と同時に質問して笑いあいます。これが2人の出会いのキッカケでした。2人はあっという間に同棲する関係となります。 「お父さんに会ってみたいなぁ」 太郎のそんな言葉を聞いて、千恵は太郎を連れて実家に戻ります。千恵のお母さんはすでにガンで亡くなっており、お父さんだけが出迎えてくれました。 「三味線の先生なんですよね。」 と太郎が話しかけるも、無言で出ていってしまうお父さん。 怒らせたかな…?と心配する太郎でしたが、そこへ三味線を抱えたお父さんが戻ってきました。千恵と三味線を連弾したり、母親のことを話したり。初めての訪問は和やかに過ぎました。   アパートに帰った2人。 すると千恵が咳き込み、太郎は妊娠の可能性を考えますが、「違うよ。風邪だよ」と千恵はごまかしました。 それを見て「このままでいいと思ってないから、真剣に考えてるから千恵のこと。」マジメな表情で語りかける太郎。一方、千恵は「今が楽しければそれでいい。」と答えるだけでした。   その後、洗面所の千恵が悲鳴を上げます。 なんと、ごっそりと髪の毛が抜けていたのです!太郎に見られて観念した千恵は、「薬のせいで抜けたんだと思う。私がんなの。乳がん。」と本当のことを告白します。 病気が発覚したのは太郎と知り合ってすぐのこと。でも、乳がんのことを伝えれば太郎は自分の元から離れていってしまう…そう思うと、言い出せなかったのです。 「別れないよ」 と断言する太郎。 ですが、千恵は自嘲気味に話します。 「ありえない。ガンがどういうものかわかってない。きっと後悔する。私が後悔することになる。だからさよなら。」 千恵は自分の母親をがんで亡くしているため、家族がどんな思いをするのか理解しているのです。そして太郎がでかけている間に、置き手紙を残して家から去っていきました。 千恵は乳房切除の手術に臨みます。手術室に入るのを見届けたのはお父さんです。手術後「私は大丈夫だから」とお父さんに声をかけ、ピースサインをしてみせます。 手術は終わりましたが、1人病室で自分の胸を見る千恵。自分の術後の胸を見てみますが、変わり果ててしまった姿に涙してしまいます。 退院後、千恵は以前太郎が話していた鹿児島の屋久島に1人で訪れました。大きな大木から元気をもらえるのではないかと考え、太郎が以前話していた縄文杉を見に来たのです。 そこへ太郎が現れます。「ここで何をしてるの?」千恵は太郎と少し距離を置いて太郎に胸を見せます。「こんなんなんだよ。大丈夫。1人で生きていけるから。」 「千恵は千恵のままでいてくれればいい。」と強く抱きしめあう2人。 「おっぱいは無くなっちゃったけど、代わりに宝物みつけた。」 と千恵は自分を大切にしてくれる愛する人を見つけたのです。

「余命1カ月の花嫁」のネタバレ

2人で幸せに暮らしていたが、千恵のがんが再発す。太郎は実家の両親に千恵のことを報告します。「ただ千恵といたい。」と言う太郎。 しかし、太郎の父親は「いつかその子を支えきれなくなる。そのとき1番辛い思いをするのは彼女だ。」と交際を続けることに猛反対!それでも、太郎は両親の反対を押し切りました。 千恵の入院する病院に駆けつけ、 「ここで寝泊まりします。」 と簡易ベットを借り、千恵の病室で寝泊まりします。ベットは別々ですが、病室で手をつないで眠ることができて、千恵は幸せそうです。 ある日、医師が千恵の病状説明があると家族を呼び出します。千恵は聞きたくないと父親と叔母と太郎と3人で話を聞くことになります。 医師からは骨までがんが転移していると告げられます。また、「余命は後1カ月それよりも早くなるかも」と医師から告げられるのです。 「知恵には本当のことは言わない。それでいいね。」 と3人で話し合います。   病室では千恵が3人を待っており、重苦しい空気が流れます。 「先生何だって?私後1年ぐらいかな?」「しっかり治療して。ばか言ってんじゃないよ。」と父親は励まします。   病院の帰り道1人で自転車に乗る太郎。前は2人でじゃれあって乗った自転車です。太郎には千恵の幻想がみえます。 ピースサインをして走り去る千恵の自転車。一生懸命漕いでも追いつけません。1人置いて行かれる未来を暗示しているかのようです。太郎は涙が流れ、嗚咽が漏れます。   次の日、知恵は変わらず「おはよう。」と元気そう。 少しでもそばにいようと思い有休をとった太郎に「太郎ちゃん、私が病気でもちゃんと仕事して。」と、千恵は普段通りであることを望みます。 朝、千恵が心配になり、のぞき込む太郎。「生きてまーす。」と起きる千恵。 「当たり前だよ。」と言う太郎に「おはよう」という言葉をかみしめる千恵。「生きてるってすごいことだよね。」と。   仕事から帰ると、病室に記者が来ています。 「23歳のときに胸にしこりがあることに気づいて。」自分の体験談を語る千恵。「どういうこと?」と驚く太郎。 千恵は自分のことを取材してもらいたいと、友達にテレビ局の人紹介してもらったのです。 「もっと早く病院に行ってれば、ここまで悪くならなかったかもしれない。今の私にできることは何かってずっと考えてた。若い人だって乳がんになることを知ってもらいたい。」 「それって病気で苦しむ姿をみんなに見られちゃうんだよ。あることないこと言われることもある。」と太郎は反対します。   「知恵のやつ、自分の状況もわからずかってにテレビなんて呼んで。。。」と叔母に愚痴る太郎。 「千恵はわかってるのよ。もう長くないって。」と叔母が答えます。その話を聞いて、取材は昼間の時間に1日30分だけ。と太郎も許可を出しました。 「テレビ局の人が置いていったビデオで私を撮って。」とビデオを太郎に渡します。「昼間は何してるの?」という質問に、「生きてる。」と答えます。 せき込む様子も「ちゃんと撮ってね。」とせき込みながらもピースサインをする千恵。 太郎は千恵の友達の花子を呼び出し、「俺千恵にウエディングドレス着させてやりたいんだ。」と伝えます。 「ありがとう太郎ちゃん。それ千恵の夢だよ。来月にできたらジューンブライドだよね。」と喜ぶ友達ですが、「それじゃ間に合わない。」と太郎。千恵の命の灯は消えかかっています。   病室で知恵を見つめる太郎。「明日ウエディングドレス着て写真撮らない?」 「本当に?」と千恵は弱弱しい声です。突然、涙する知恵。「だって将来、太郎ちゃんの本当のお嫁さんになる人に悪いよ。」と心の内を打ち明けます。 「千恵は誰にも気をつかわなくてもいい。何も我慢しなくてもいい。何も頑張らなくてもいいから。」   千恵の病状はだんだんと悪化しています。「死ぬのが怖い」と泣くベットの上の知恵の頭を抱きかかえる太郎。 千恵もまだ20代。やりたいことは沢山あります。太郎の前では笑顔ですが、本当は死にたくないという思い日々抱えています。   その夜は発作が起こり苦しむ千恵。太郎は元気なころ千恵が窓越しに眺めていた指輪を買いに雨の中走り出します。 病室に戻ると、点滴を開始されている知恵。発作は落ち着いたようです。千恵は「生きてる?」と太郎に質問します。千恵は太郎の「生きてる。」その言葉に安心して目を閉じました。   撮影の当日、千恵は酸素を投与しながら車で移動します。 千恵は座っているだけでも辛そうです。 撮影会場の教会に到着後ド、レスに着替えた千恵は「なんか生き返った。」と酸素を外します。車いすから立ち上がり、笑顔の知恵。その前には白のタキシード姿の太郎が。 この日の千恵は病気が治ったみたいと本人が思うほど、元気です。太郎ちゃんの両親がやってきて結婚式が始まり、2人は神父の前で誓いの言葉を述べるのです。 結婚式の1か月後。 酸素の流量も上がり、脈拍も20を示しています。呼吸が止まり、鳴り響くアラーム。千恵は静かに息を引き取りました。泣き崩れる太郎。1か月だけの花嫁となってしまったのです。   撮影中。「今1番したいことは?」との質問に「家にかえりたい。」と言っていた千恵。ようやく知恵は家に帰ることができました。遺影はウエディングドレス姿です。 テレビのスタッフから、千恵から「自分がいなくなったら太郎さんに渡して欲しい」と頼まれたテープを渡されます。そのビデオにはまだ少し元気なころの千恵が映っていました。 「もうそんなに時間がないと思ったのでこのビデオレターを撮りました。知恵はどんなことがあっても千恵のままでいる。太郎ちゃんに誓ったから頑張れたんだと思う。」 ビデオテープには太郎への感謝の言葉が述べられています。 「太郎ちゃんに出会えて幸せでした。空の上から、幸せなおじいちゃんになるまで見守っています。」 声をあげて泣く太郎。   これまで通り仕事をする太郎。 仕事で再びコンパニオンを出迎えに行くきます。「すいません!おくれまして!」と元気な千恵の声が聞こえた気がします。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です