ゼロ・ダーク・サーティのフル動画を無料視聴☆dailymotion

映画「ゼロ・ダーク・サーティ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


誰もが知る大事件、911の完結編と言うべき映画です。

あの事件のあと、アメリカ軍がどのような戦いを続けてきたのか?また、首謀者であるビンラディンを捉えるために、一人の女性がどうやって彼を追い詰めていったのか?


映画、ゼロ・ダーク・サーティにその全てが描かれています。

この映画を見たいと思ったら視聴はカンタンで、動画配信サービスを使えばパソコンやスマホで今すぐ視聴できます。

本来は有料のサービスなのですが、登録から31日間は無料トライアルになっています。その間に解約すれば1円もかからないので、今すぐ視聴してみてください。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「ゼロ・ダーク・サーティー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × × ×
dTV 見放題
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 見放題 字・吹
music.jp × × ×
 
「ゼロ・ダーク・サーティ」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・dTV
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・Netflix



この中で、オススメはU-NEXTです。

字幕と吹替どちらでもゼロ・ダーク・サーティが配信されていますし、U-NEXTは配信されている映画やアニメが15万本以上と非常に多く、無料トライアルの31日間だけでも十分に楽しめます。

登録もカンタンで3分あれば終わるので、今すぐ視聴してみてください。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「ゼロ・ダーク・サーティ
「ゼロ・ダーク・サーティ」「Zero Dark Thirty(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ゼロ・ダーク・サーティ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

ゼロ・ダーク・サーティのあらすじ

捕虜への尋問

2001年9月11日に起きた、アメリカ同時多発テロ事件。

それから2年後、CIA捜査官のダンは、アンマルという男を尋問にかけていました。彼の名義で、911のハイジャック犯に5000ドル送金した証拠が残っていたからです。


ダンの同僚であるマヤは、彼らの背後でその取り調べを聞いていました。

彼がアンマルから聞き出したかったのは、911事件よりも、次のテロがいつなのか、サウジグループのアドレス、グループのメンバーが誰なのかということ。

アンマルは、何も話さず、抵抗します。

その答えを聞いたダンは、アンマルに暴力的な尋問をはじめていきましたが、最後まで彼は何か情報を口にすることはありませんでした。


マヤはその光景に背を背け、苦しみます。相手がテロ関係者とはいえ、誰かが苦しみ、傷つく瞬間を自分も経験しなければいけないのかと。


しかし彼女たちの本来の仕事は、そうではありません。彼らの仕事は、数多くのテロリストの情報を集めることでした。

捕虜の尋問は、その中の1つでした。彼らは捕虜から証言を得られなければ、他のテロリストの情報を分析することを選びます。


捕虜からの成果がイマイチなことで、マヤとダンは、イスラマバードアメリカ大使館にあるCIAのオフィスに向かいます。

マヤは、ビンラディンの911前の行動に関して、誰よりも詳しく発言できるほど知識をもっていました。彼女は、この仕事を終わらせるには、ビンラディンの行方がキーワードにだと考えていました。


しかし他の同僚たちが注意を払うのは、いつ次のテロが行われるのか、アメリカのどこが狙われるのかということばかり。

それからダンとマヤは、再び、アンマルへの尋問へ戻ります。彼が知りたがったのは、やはり次のテロがいつ行われるのか。テロリストのメンバーは誰なのか。


飲みものを与えられたアンマルは、自分がカネの運び屋であったことは認めますが、テロリストのメンバーまでは知らないと答えます。

それからダンは、彼に暴力的な尋問を施します。次のテロがいつなのか。どこで行われるのか。その執念を感じて、ついにアンマルは言葉を漏らします。

「日曜日」

しかしそれは完全な情報ではなく、弱り果てたアンマルの混乱がピークに達したことを示す、サインのようなものでした。

謎の男「アブ・アフメド」

2004年5月29日。サウジアラビア東部のホテルで、外国人(非イスラム系とアメリカ人)だけを狙ったテロが起こります。

ニュース映像を見ながらマヤは、

「アンマルはこのテロが起こることは知っているが、起こったテロの結果は知らない」

アンマルが情報を遮断されていることを利用することにしました。


マヤは、今回のテロの結果とウソの報告をアンマルにしました。アンマルが仲間の名前を告白し、大勢の命を救ったと。

それからアンマルに食事を取らせ、911前後どんな行動を取っていたかを話すよう促します。彼は、叔父に会いに行き、911以降も一緒にいた仲間のことを告白しました。その名前をマヤは書き記していきます。


アンマルは、そのメンバーの中で、アブ・アフメドという人物が、ビンラディン直属の部下だった。彼が手紙や電話などの連絡を仲介しているらしいんと言いました。

それからマヤは、アブ・アフメドに繋がる情報を集めていきました。その情報さえ見つかれば、全てのテロやテロ協力者の力を防ぐ手立てになると信じて。


それと同時に、マヤの顔に、疲れや心の痛みも出始めるようになります。

その原因は、彼女がテロリストの情報を集めるために見た、尋問の映像や、自分が捕虜に対して行った尋問にありました。それでも成果として、アブ・アフメドが、ビンラディンらの連絡員を担当しているという情報を入手。


ですが、彼女の上司は言います。彼らの居場所がわかったわけではないし、アブ・アフメドが架空の人物かもわからないと伝えます。

それを聞いたマヤは、テロリストやアルカイダに関する、より正確な情報を求めるようになりました。彼女はパキスタンへ行き、アルカイダの協力者である男に話を聞きにいきます。


彼もまた、アブ・アフメドについて知っていました。彼は最も信頼される連絡員で、ビンラディンの連絡員だった。しかし居場所まではわからない。

そうした情報は、マヤにとってすでに知っていることばかりでした。そんな中、彼女に、アルカイダの重要メンバーであるファラジが捕まったと報告が入ります。


マヤはパキスタンの捕虜収容施設で、ファラジに会い、アブ・アフメドについて質問します。

ファラジは、彼のことを、アブ・ハリドと呼びました。

彼がビンラディンの連絡係ではあるが、いまの居場所を知らない、最後に会った場所も、1ヶ月前のカラチ(パキスタンの都市)だったという。


それらは全てアブ・アフメドの情報と一致していました。

マヤは、その程度の情報じゃダメ。彼女は必要な情報を吐かせるため、暴力的な尋問も行いながら、ファラジから証言を得ようとします。

ですが、ファラジは証言しませんでした。


その反動で、マヤの心身ともに激しく消耗していきました。同僚であるダンもまた、こうした尋問に疲れ果ててしまいます。

ダンは、自分が異動することや捕虜の扱いに注意することをマヤに伝えます。それから彼女が、テロリストたちに知られていることも。

テロとの戦い


2008年9月20日。パキスタン、イスラマバード・マリオット・ホテル。

マヤは、同僚であるジェシカとレストランで食事を取りながら話していました。ジェシカは言います。



「国防という観点から考えれば、(アブ・アフメドは)それほど重要ではないことでしょう」

しかしマヤは、ファラジがアブ・アフメドに関してウソをついたのなら、それはかなり重要な情報だと分析しました。

彼が、ビンラディンがどこにいるか以外の情報は話したのに、アブ・アフメドについては話さない。つまり、ビンラディン並みに、アブ・アフメドが重要なのだと。


そんな時、レストランでテロが起きます。

爆発し、火災が発生し、死傷者が出ます。


そこから運良く逃げ延びたマヤとジェシカ。あとになり、爆破の目的が、彼女たちではなく、欧米人がよく集まる人気店だったからという理由がわかりました。

それでも自分たちが、命を狙われる理由はたくさんあります。その1つの結果が、今回たまたま彼女たちに当たらなかっただけでした。


2009年12月30日。アフガニスタンホースト州、チャップマン基地。

ジェシカは、1年かけて買収したバラウィという男に会いに行きます。もしかしたらその男が、テロに関する有力な証言をするかもしれない。

彼女は、マヤにそこでのやりとりをメールで送っていました。


そんな中、バラウィを乗せた車がやってきました。彼らが基地内のゲートをくぐり抜けて、ジェシカたちの前で停車します。

しかしジェシカは、テロリストやテロへの協力者に対して、あまりにも無防備に振舞っていました。友人とパーティでもするかのような楽しげな表情さえ見せるほどに。

そして最も重要な、ボディチェックをせずに、自分たちの前に来ることを許してしまっていました。


自爆テロ。

それは彼らのアメリカに対する怒りであり、不正行為でした。テロリストが手を隠したまま、爆弾に引火する行為は、彼らとは決して手を取り合わない、友好関係を築かないという意思の表明でした。



3児の母でもあるジェシカは死亡しました。

それを知ったマヤは、希望を失った顔を見せ、その最後のうめきのような言葉を言います。

このテロの関係者を全員見つけて、ビンラディンを殺す

ゼロ・ダーク・サーティのネタバレ

基地でのテロのあと、CIA長官はイスラマバードにあるアメリカ大使館に職員を集め、ミーティングを開きます。そして言います。

「何十億ドルも浪費し、死亡者を出し、それでも敵を倒せる見込みはないのだ。その一方で、テロを繰り返し受けてきた。アメリカ市民を冷酷無比に殺され、さらに前線で仲間を殺されてきた」

彼らを見つけるのが、君らの仕事だ。そう強調しました。


それからマヤの元にアブ・アフメドの情報が入ります。

イブラハム・サイード兄弟の1人が偽造書類で逮捕されたときの名義に、アブ・アフメドの名前が使われていたのです。

それは当時(2001年9月11日テロ後)あった数百万の情報から、彼らが見落としていた手がかりでした。


マヤは、CIA本部にいるダンに連絡を取りました。

アブ・アフメド(イブラハム・サイード)は、実は8人兄弟だった。そのうち彼の見ためにそっくりな3人がいて、死んだと証言されているのは、その1人だった。

当時の証言が事実ならば、他の2人兄弟はまだ生きている。アブ・アフメドは、その2人のどちらかかもしれない。

マヤは、いままでの調査での間違いは、単純な、見間違えが原因で起こったのだと言いました。それから彼女は、サイード家の電話の傍受をダンに頼みました。


そして彼女は、電話の傍受に成功します。

彼女は、サイードがスパイ特有の行動を取っていることを確信し、より彼に対する監視を強化するために、上司へとかけあいました。

しかし上司は、ビンラディンよりも、次のテロを防ぐこと、国防を守ることを考え、そのような不確かな情報は忘れろと言います。


するとマヤは、いままでにない激しい口調で、上司を説得します。

それほどまでに彼女は、自分がこの問題について真剣であることを説明しました。


結果として、上司は、マヤの提案を許可します。彼女にアブ・アフメドを探すためのチームと、ある携帯電話を渡します。

その携帯電話は、通常のものとは仕組みが違いました。それはアブ・アフメドの電話が鳴るたびに、この電話も鳴り、電波の発信源や、移動ルートなどが正確に調べられるのです。


しかしマヤ自身も、テロリスト側からマシンガンで狙われるようになりました。運良く彼女を、車の防弾ガラスが守ってくれましたが、次はそうなるとは限らない。

それだけ核心に近づいているマヤ。とうとうアブ・アフメドの住居を掴みます。


マヤはCIA長官たちとの会議に参加します。CIA局員が、1つ気になる屋敷があり、そこにアブ・アフメドや彼の家族などが住んでいるのではないかという報告しました。

その屋敷は、窓が目隠しになっていて、上空からも中を伺えない。

「照合しようにも電話をかけません。敷地の外に出ず、写真にも映らない。プロの技で徹底的に探知を避けている。本物のスパイ技術です。アルカイダの幹部に間違いありません」

CIA局長であるジョージはそう言いました。しかしそれでも上官たちは、そこに住む男が、ビンラディンだという確実な証拠を求めます。親戚や、クスリのディーラーではないという証拠を。


ジョージは、クスリの取引が行われないこと、ネットも電話も使わないことを明らかにします。であれば連絡員は、テロの関係者である可能性が高いと上官たちに断言します。

それでも、彼らの上官たちは、許可を出しません。しかしもし大統領に説明できるほどの答えを用意できるなら、と条件をつけました。


マヤは、アメリカネバダ州南部エリア51で製造された、SEALs(アメリカ特殊部隊)のステルス型のヘリを紹介されました。

我々はビンラディンの連絡員を特定しました。パキスタンアボッターバード在住、そこに、ビンラディンも住んでいると思われます

彼女は、ステルスヘリを使う理由が、ただビンラディンたちを見つけるためだけではないことも説明します。


「ビンラディンがいなければ、こっそり戻ればいい。でも、いたら私のために殺して」

マヤは、SEALsにも、CIA長官たちに対しても、確実に、ビンラディンたちがそこにいることを強調しました。


2011年5月1日に作戦は決行されます。

アフガニスタン、ジャララバード前進作戦基地。

作戦決行の夜になると、ステルスヘリに搭乗するSEALsの2部隊が飛び立っていきます。マヤはそれを静かに見つめていました。


SEALsは、暗視ゴーグルなどの装備を整えて、目標である屋敷に降り立っていきます。1機が、不時着するというアクシデントに見舞われるものの任務は続行。

鍵のかかった扉を爆破し、屋敷内に侵入していきます。気づいたイブラヒムとの銃撃戦で彼を仕留め、屋敷のさらに奥へ進んでいきます。


そして屋敷の奥に、ビンラディンはいました。

彼に銃を浴びせ、その現場を証拠写真として納めます。


ここで、パキスタン軍が反応します。たとえ任務といえども、アメリカが領域侵犯という、本来あってはならない行為には変わりなかったからです。

SEALsは、ビンラディンらの遺体を回収し、墜落機の爆破準備も整えました。


彼らは任務完了し、墜落機を爆破したあと、残る1機のステルスヘリで現場を上空していきました。屋敷から立ち上っていく、暗闇よりもさらに濃く黒い煙を背にして。

マヤは、帰還した彼らを出迎えます。吹きこぼれるような砂煙が、白く光に染まっている中で。SEALsは持ち帰った資料に、識別番号を記していきました。しかしマヤが見たがったのは、ビンラディンの姿です。


これがマヤの関わる、最後の瞬間の、最後の仕事。

マヤがその姿を確認したことを、SEALs隊員に伝えました。それから彼女は1人で、輸送機に乗り込みます。

「好きなところに座れ。君専用だ。大物なんだな。飛行機を貸し切りなんて。どこへ行く?」パイロットはそう訪ねました。

マヤは、何も答えずに、ただ涙を流します。何か大きなものを喪失してしまったときのような大粒の涙を見せて。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です