映画ゾディアックのフル動画を無料視聴!dailymoitonやyoutubeも

映画「ゾディアック」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ゾディアックとはアメリカで実際に発生した連続殺人事件。この映画は「ゾディアック事件」をもとに映像化したものです。


ゾディアックを視聴するなら、動画配信サービスがオススメです。

違法動画サイトのように非合法だったりウイルス感染のリスクもないですし、高画質な動画を今すぐ無料で視聴できるので、ボタンをクリックしてゾディアックを視聴してください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「ゾディアック」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × × ×
TSUTAYA TV 300ポイント
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 324ポイント 字・吹
 

「ゾディアック」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・Netflix


いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。


この中から1つ登録するなら、U-NEXT(ユーネスクト)がオススメです。

視聴にポイントが必要なく、字幕と吹替どちらも揃っていて、登録後の無料トライアル期間(この期間に解約すれば完全無料)が31日間と長いので最大限映画を無料で楽しめます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「ゾディアック」「Zodiac(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ゾディアック」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

ゾディアックのあらすじ

1969年7月4日。

アメリカのカリフォルニア州バレーホで、若い男女2人が何者かに銃撃される事件が発生します。


その4週間後、サンフランシスコ州の出版社“サンフランシスコ・クロニクル”へ郵送された1通の手紙。編集長は手紙を読むとすぐに社長を呼び、会議を開きました。

手紙に、4週間前に起きたバレーホでの事件と、前年のクリスマスに起きた殺人事件の詳細を記されていたからです。そこには犯人と警察しか知らない情報もありました。


さらに犯人は、手紙に添えられた暗号文を今日の夕刊に載せることを要求していました。もし載せなければ、大量殺人を開始すると脅迫して。結果、暗号文は掲載されることになりました。


その3日後、エイブリーに手紙が届きます。

新聞に載っていた暗号文を解読した人が、翻訳文を送ってきたのです。翻訳文に書かれていたのは、犯人がどれだけ殺人を楽しんでいるか、そんなくだらない内容でした。

そして、別の手紙では自分の名前を名乗るようになります。


ゾディアック


それからゾディアックは、男女2人、タクシー運転手の殺害事件を起こします。

タクシー運転手殺害の翌日、ゾディアックマークのついた手紙が届きます。犯人は、警察や出版社を挑発するため、事件の証拠品のシャツの切れ端を同封していました。

ですが、犯人が証拠を残しても、事件解決にはいたりませんでした。立て続けに起こる事件に、法則やパターンもありますが、具体的な犯人像に結びつくポイントはありません。


1969年10月22日。

ゾディアックはテレビ番組に電話出演すると宣言します。担当刑事トースキーは、電話の逆探知を仕掛けるために、テレビ局へと向かいました。

テレビ番組がはじまり、ゾディアックの会話相手に選ばれたするベリー弁護士は、逆探知のために話を引き延ばそうと試みました。しかし彼は、逆探知に気づき、黙り込みます。

犯人が逆探知を避けるのなら、とベリー弁護士は作戦を変えます。今度は2人で会おうと約束を持ちかけ、彼も了承しました。これなら短い会話でも、ゾディアック逮捕につながります。


しかし“ゾディアック”はその約束を破り、待ち合わせの場所には来ませんでした。

さらに彼から警察に手紙が届き、「警察が間違った捜査をしている」とバカにした上で、再び暗号文を添えてきました。グレイスミスはエイブリーに暗号文のことを相談します。


「最初の暗号が簡単だったのは、“ゾディアック”が暗号文の素人だったからだ。法則さえ見つければ、あとは簡単だ」実は暗号自体はそう難しくないと言うグレイスミス。


それからもゾディアック絡みの手紙が届きます。母子の誘拐未遂事件、10回目の犯行声明、自分のマークのバッジを流行らせろ、警官殺しの自白、また母子の誘拐の宣言。

エイブリーは、手紙をしばらく新聞に載せない、相手がどう出るか様子を見るとグレイスミスに話します。2人は出版社の倉庫でゾディアックからの手紙を読み返します。

エイブリーは、グレイスミスに言います。

「ヤツの言い分は全部、ウソだ」

最近のゾディアック事件が、他人の犯罪を盗んで世間を騒がせる、ウソの事件しかないからであり、実際、ゾディアックマークでさえも時計ブランドのロゴでした。

つまり、最近多発している事件は模倣犯だったわけです。


1970年10月下旬、サンフランシスコ州。エイブリーは、ゾディアックから殺人予告を受けましたが、彼は事件の調査をやめませんでした。さらに匿名で“ゾディアック”の情報を入手します。

そこでエイブリーが知ったのは、リバーサイド群(アメリカアリゾナ州で最初に起きた“ゾディアック”事件)の未解決事件の真相でした。

「エイブリーは、この事件が、“ゾディアック”の第一犯行だと語ります。犯人が警察に送った手紙の筆跡を調べました。そしてそれは“ゾディアック”の筆跡でした」

その事件の2つの証拠品の筆跡は一致していました。事件の半年後、警察と被害者の父と新聞社に届いた手紙と、大学の倉庫で見つかった机の文字。

エイブリーに情報を渡していたリバーサイドの警官は、事件には別の容疑者がいると捜査に来たトースキーたちにも明かします。結果的に、真犯人を見つけるのが難しくなってしまっただけでした。


1971年7月26日、トランス州(アメリカ)。“ゾディアック”事件の別の容疑者が挙がります。名前は、アーサー・リー・アレン。トースキーは、彼の同僚から、ゾディアック事件とリーの話が奇妙なほど噛み合っていたと話します。

ですが、リー本人は、ゾディアック事件を詳しく知りませんでした。以前、彼はわいせつ行為で仕事をクビになった過去がありますが、事件や犯人と結びつきそうな経歴は特に見られません。

しかしトースキーは何かに気づきます。彼が頼んで見せたもらったリーの腕時計のロゴには、あのゾディアックマークがついていました。


ただ、そのあと彼らが集めたリーの筆跡鑑定のサンプルは、どれもゾディアックのものと一致せず、請求していた彼の家宅捜索の令状は棄却されます。トースキーは、鑑定士と鑑定方法を変えて、もう一度、リーの捜査を行いました。

ビルが証言を頼んだ心理学者によると、人格が変わると利き手が変わる。だから手紙の筆跡と一致しない。彼らは、犯人の犯行状況に近い筆跡や指紋を取れば、鑑定結果が上手くいくと考え直しました。

彼らは、リーの元同僚からも証言を取り、証拠を固めていきます。


1972年9月14日、サンタロサ州(アメリカ)。サンタロサ警察とトースキーたちは、リーの家宅捜索のために部屋の中に入りました。彼らは、犯人と全くサイズの同じ手袋や靴、拳銃やライフルを見つけました。

それからリーの鑑定を行いますが、彼は犯人ではありませんでした。銃の条痕(発射された銃弾の痕)も指紋も両手の筆跡も、ゾディアックとのつながりを示すものではなかったのです。

ゾディアックのネタバレ

それから4年の月日が流れ、エイブリーは出版社を辞めて、地方紙に移っていました。トースキーの相棒ビルは異動願いを出し、事件の捜査からは降りてしまいます。

彼らの精神的な変化、自分たちが力を注いで取り組んだ取材や捜査が、事件を解決へと導かない、この事実がエイブリーやビルを耐え難いものにしました。


ビルは、トースキーに告げます。自分がこれからも捜査を続けられない。これからは子供の成長を見届けたい。

トースキーは、そうだな、それがいいとビルの判断に頷きます。彼の周りの人たちも同じような判断や捜査打ち切りをし、ゾディアック事件を忘れはじめた、その象徴的な出来事でした。


グレイスミスは、エイブリーに会いに行きました。彼は、誰かがゾディアックの本を書くべきだ。事件の情報や知識、関係者の証言と資料を元に、1冊の本にすべきだといいます。

ですが、お酒とクスリに溺れていたエイブリーは、事件への情熱を失い、あんな事件もう誰も覚えていないさと否定し、グレイスミスを帰えしました。


1977年10月11日、サンフランシスコ州、グレイスミスはトースキーを訪ねました。

グレイスミスは、彼の捜査に協力したいと告げます。トースキーは、捜査内容は話せないといいつつも、心の中では、自分と同じ、あの事件を忘れていない人間がいると興味を持ちます。

捜査内容を話せないトースキーができる最大限の協力は、かつての捜査関係者の名前を出すだけ。グレイスミスは、ナパ署のナーロウ、さらにバレーホ署のマラナックスを訪ねて、自分が彼らの捜査に協力する意思を伝えます。

ナーロウやマラナックスは、トースキーと同様に、表立った捜査、取材協力はできないと告げます。ですが、グレイスミスが、勝手にやる分には構わない。


彼らから事実上の許可を得たグレイスミスは、バレーホ署内の資料室で、たった1人で資料を漁り、事件の核心に近づこうと試みます。グレイスミスは、そこでトースキーが手に入れられなかった情報を手に入れます。

物語序盤の被害者ダーリーンと彼女の親族にあった無言電話が、事件90分後に起きた事実。そして彼女が、パーティに来たゲストに怯えていた話をトースキーにします。

グレイスミスは、彼女たち被害者とゾディアックは知り合いだったと推理します。トースキーは、ベリー弁護士やダーリーンの姉に連絡してみろと話し、彼の調査を後押しします。


それからベリー弁護士宅を訪ねるグレイスミス。彼は不在でしたが、メイドから話を聞きます。彼女は、12月18日に、そんな電話があったと証言しました。

グレイスミスは、司法省のニコライからも事件の記録を聞き出しました。たしかに12月18日に電話があった。

しかしニコライは、たとえその電話が犯人からでも、証拠にはならない、それよりも筆跡や指紋など、たしかな証拠を探せとグレイスミスに忠告しました。


その夜、グレイスミスに電話がかかってきます。

犯人が、犯罪の証拠のフィルムを残して、自宅に保管している。ボブ・ヴォーンは、犯人の友人だ。彼を探せ」と。


犯人の名前は、リック・マーシャル。

翌日、グレイスミスは鑑定士からも名前に聞き覚えがあることを伝えられます。そして彼は、リックの筆跡を見ていないと話し、いままで鑑定していない誰かが容疑者かもしれないと推理します。

それからグレイスミスは、ナーロウに、リック・マーシャルの容疑を尋ねました。ナーロウは、彼が一番怪しい容疑者で、極秘で彼の指紋を手に入れたかったが、手に入れられなかった相手だと告げます。

もし調べるなら、令状を取る必要がある。しかしそれはグレイスミスにはできない。ですが、ウォレス本人に頼めば、警察を経由しなくても済むとアドバイスします。


グレイスミスは、ウォレスから、リック・マーシャルが書いたポスターを送ってもらいます。

筆跡鑑定士は、そのポスターを見て、ひとつ気になることが…ポスターの文字で、“K”の字だけが絶対に一致しない、その独特のクセが気になると言いました。


1978年4月25日、デイヴ(サンフランシスコクロニクル記者)の元に、51ヶ月ぶりに、“ゾディアック”からの手紙が届きました。トースキーやグレイスミスの名前を出し、彼らを挑発する内容の手紙です。

しかしニュースでは、トースキーがメディアの注目を集めるために、文書を偽造したのではないかと疑いを発表していました。

その結果、トースキーは殺人課を追われ、筆跡まで取られます。


そのあと、グレイスミスは、トースキーの協力なしで調査を続けます。その結果、彼は、ゾディアックからの最後の暗号文の解読に成功しました。

1979年8月9日、サンフランシスコ州、グレイスミスはテレビでインタビューを受け、リンダ(ダーリーンの姉)から証言を得られれば…と調査を続行する意思を発言します。


しかし彼の奥さんのメラニーは、これ以上、事件と関わるのはやめてほしいと言います。自分たち家族の安全に関係してくるのだからと。

それでも、犯人を突き止めたいグレイスミスは止まりませんでした。たった1人でヴォーンへ会いに行き、さらにポスターの筆跡が犯人と一致したと告げます。


ところがヴォーンは、

あのポスターを書いたのは私なんだ

と言います。

予想外の回答に戸惑いながらも、ヴォーンの部屋に足を踏み入れ、地下室へ通されます。すぐ近くにゾディアックがいるんじゃないかと不安を感じながら。


そして、グレイスミスはヴォーンの家を飛び出します。

服が雨に濡れるのも構わず、急いで自宅に帰ります。そして家族の寝顔を見て、心のとまどいや不安を解消しようとしました。

ですが、彼の自宅には誰もいませんでした。メラニーと子供たちは、実家へと帰り、グレイスミスから離れてしまっていたからです。


それでもグレイスミスは、事件の調査を続けるために、リンダに会いに行きました。模範囚となっていた彼女は、妹が殺人の経験のある男がパーティに参加していて怯えていたと話します。

その名前が、リックではなく、リーだと思い出します。

グレイスミスは、リーの資料をあらためて探しました。アーサー・リー・アレン、12月18日生まれ。彼は、いままで自分が集めてきた証拠や資料がつながっていく瞬間を感じ取りました。


それを早く伝えようとグレイスミスは、夜遅くにも関わらず、トースキーに知らせます。それから彼らは、リーと“ゾディアック”の行動を比較し、分析します。

リーが逮捕され、精神病院に入院中は“ゾディアック”からの手紙が届かなかった、被害者ダーリーンが働く店から、45メートルのところに彼は住んでいたなど証拠となりうる状況を並べていきました。

グレイスミスは、実際に歩いてその距離をたしかめたとトースキーに伝えます。

「本を書き上げろ」

その事実を知ったトースキーは、グレイスミスにこの事件をまとめるよう言葉を残しました。1983年12月20日、バレーホ。グレイスミスは、はじめてリーの働く店へ訪れ、彼に会いました。


「犯人に直接会って、目を見て確信したい」

その言葉通り、グレイスミスは、リーとは何も話さず、見るだけで他には何もせずに家へと帰りました。

彼の最後の仕事は、いままで自分やトースキーたちが調査してきたたくさん仮定や推理が、いったいどんな結論を導いたのかを、その目でたしかめたい。ただそれだけでした。


1991年、8月16日、オンタリオ(アメリカカリフォルニア州)の空港。グレイスミスの書いたゾディアックの本がベストセラーとなっていました。

空港には、マラナックスの後任者が、ゾディアック事件の被害者マイクと面会していました。彼は、犯人の顔写真を並べて、それが誰かを選ぶよう指示します。


マイクが選んだのは、リーの写真でした。

この顔を見た。この男で間違いない

マイクの証言を得た検察は、殺人容疑でリーの起訴を検討するも、彼が心臓発作で死亡してしまいます。さらに2002年に行われた彼のDNA鑑定も不一致で終わります。

しかし検察は、鑑定後もリーを容疑者から除外せず、彼をゾディアック事件唯一の容疑者として扱いました。


トースキーは、手紙偽造の件が無実と判明し、1989年に警察を退職しました。エイブリーは、2000年に肺気腫で死去し、グレイスミスは家庭崩壊を免れ、いまも子供たちのよき父です。

そしてアーサー・リー・アレンの死後、グレイスミスに無言電話は一切来なくなりました。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です